二俣尾のウォールナットは、サイフォンコーヒーが旨い、木の香るカフェ

青梅市・二俣尾のカフェ、ウォールナット。
ウッディな外観は、アルプスの少女・ハイジの家を彷彿させます。
目玉はなんといっても、サイフォンで淹れる本格コーヒー。
落ち着いた店内で味わうひと時は、ちょっと贅沢な時間です。

木の香り漂うカフェで、香り高きコーヒーを味わう

実は日本家屋?木の専門家ならではの、カフェ

青梅市のカフェ・ウォールナットの外観
青梅市のカフェ・ウォールナット

吉野梅郷の東、御岳渓谷に西、という渋いロケーションのウォールナット。
青梅街道沿いにある、小ぢんまりしたカフェです。
二俣尾駅からも近く、ウォーキングの人も便利な場所です。

青梅市のカフェ・ウォールナットの看板

初めてみた時、「アルプスの少女」の家みたい、だなと。
ハイジは、1970年代の高畑勲・宮崎駿の出世作、ともいえるTVアニメです。
後のジブリの作品にも通づる、綿密な風景描写でアルプスの山々を描きました。
ちょっと昔の日本人にとって、スイスの風景といえば、ハイジのそれ、といっても過言ではありません。

アルプスの山も良いけれど、二俣尾の山も良いですよ。
これは、近くの愛宕神社からの光景。
ツツジや紅葉の季節は、絶景です。

ツツジの花道は出世階段、青梅・愛宕神社に、春色を訪ねて

青梅市のカフェ・ウォールナットの看板

店内に入ると、ナイスミドルなマスターが、出迎えてくれます。
アルムおんじより、幾分若いかな。

青梅市のカフェ・ウォールナットの室内

「青梅のアルムおんじ」は、材木業も営んでいる、とのこと。
木をこよなく愛する人のカフェ、だったのです。

青梅市のカフェ・ウォールナットのケヤキのテーブル
ケヤキのテーブル

店内には、巨大なケヤキの木のテーブルが…
無垢のテーブルって時々あるけれど、脚からまるごと無垢って、凄すぎ!
樹齢400年だそうで、出生は関ヶ原の戦いくらいですか。
年輪数えて、大正時代くらいまで遡ったけれど、疲れてやめました(笑)

青梅市のカフェ・ウォールナットの窓

「実は、この建物、日本建築なのですよ」
なるほど、よく見ると、北欧などのログハウスとも違います。
ともあれ、ふんだんに木を使った贅沢な造りです。

主なメニュー

  • ブレンドコーヒー… 450円
  • 炭火焼コーヒー… 600円
  • アイスコーヒー… 600円
  • キリマンジェロ… 500円
  • マンデリン… 500円
  • カフェオレ… 550円
  • ウィンナー… 600円
  • ハンバーグ(ライス付)… 1,050円
  • ビーフカレー… 750円
  • ピザトースト… 500円
  • 紅茶… 520円
  • ココア… 500円
  • コーヒーフロート… 600円
  • チョコレートパフェ… 800円

価格は税込みです。
コーヒーは、ブレンドから、キリマンジェロなどのストレートコーヒー、カフェオレなどバリエーションコーヒーまで揃っています。
食事もあり、青梅街道を走るサイクリストにも、人気があります。

サイフォンで淹れた、ウィンナーコーヒー

青梅市のカフェ・ウォールナットのサイフォンのフラスコ
サイフォンのフラスコ

ウォールナットのコーヒーは、サイフォン仕立て。
フラスコで沸かしたお湯を、蒸気圧で押し上げ、上のロートのコーヒー粉を浸し、抽出します。
まろやかで、香り高いコーヒーが楽しめます。

反面、専用の器具が必要で、手入れも面倒、家で淹れるのは、ややハードル高いです。
「おうちコーヒー」は、ペーパードリップか、フレンチプレスあたりが無難でしょう。
やっぱり、サイフォン飲むなら、カフェですね。

どのコーヒーにするか、迷います。
もちろん、ストレートも良いけれど…
濃厚でもまろやかなサイフォンは、カフェオレやウィンナーコーヒーにも向きます。
というわけで、ウィンナーコーヒーをオーダー。

青梅市のカフェ・ウォールナットのウインナーコーヒー
ウィンナーコーヒー

生クリームたっぷりの、ウィンナーコーヒー。

青梅市のカフェ・ウォールナットのウインナーコーヒー

タップリ、タップリ盛り上がったクリーム。
上から撮ると厚みがあり、てっぺんが、ちょっとピントボケ。

美しいデコレーションを、崩して飲むのが、なんとなく背徳的です。
まずは、恐る恐るクリームを、すくって食べます。

青梅市のカフェ・ウォールナットのウインナーコーヒーの生クリーム
溺れるものは久しからず

コーヒーの吐息で、崩れ始めるクリームを溶かしつつ、飲んだり食べたり。
溺れたクリームが、また美味い。
恋に落ちた味みたいな、なんてね。

恋、いや誤変換、濃いめのサイフォンは、クリームに負けず、香りが楽しめます。
深みのあるコクが、口いっぱいに広がります。
甘い背徳から、覚醒できるかな?
覚醒したら、お腹が減りました。

青梅市のカフェ・ウォールナットのウインナーコーヒーと、ピザトースト
ピザトースト

手頃なお値段の、ピザトーストを頂きましょうか。
分厚いトーストに、タップリチーズ。

青梅市のカフェ・ウォールナットのピザトースト

焦げ目が、良いですね!

青梅市のカフェ・ウォールナットのピザトーストのとろけるチーズ

トロ~リ伸びるチーズが、たまりません。
トーストが厚いからか、意外と腹持ちも良いです。
カフェですが、ランチ目的で訪れるのも、ありですね。

御岳・奥多摩方面への行楽の行き帰り、是非、立ち寄りたいお店です。
そうそう、材木屋さんらしく、キャンプ用の薪も置いてありました。

青梅市のカフェ・ウォールナットのキャンプ用の薪

ケヤキや、イチョウですか。
広葉樹の木は比重が大きく、火の持ち良いですよ。
行きは薪を仕入れてキャンプ、帰りにコーヒーブレイク、なんていうのも良いですね。
山火事なんて、シャレにならないので… 恋と火の後始末は、くれぐれも注意して。

インフォメーション

アクセス・営業案内

JR青梅線・二俣尾駅から、徒歩2分
駐車場… あり

●Coffee cottage ウォールナット
営業時間… 12:00〜18:30
定休日… 木・金曜日(祝日除く)
住所… 東京都青梅市二俣尾4-965-5
電話… 0428-78-9922

近くのオススメスポット

丸太組みのログハウスで飲むキリマンジェロ、青梅・二俣尾の「らびっと」

蕎麦も天ぷらも旨し、青梅・二俣尾の「かわしま」は穴場的・良店!

青梅・梅郷のHIBACHIYA(ヒバチヤ)、梅郷のイタリアンは安くて美味い

古民家で食べる、本格十割蕎麦と手作り刺身コンニャク、青梅の梅の内

まさに花園、青梅・海禅寺を訪ねる

青梅・海禅寺で、貴重な野生ラン、セッコクを愛でる小旅

終着駅の中の、自家焙煎コーヒー店!奥多摩のGotta Coffee(ガタコーヒー)

1年半ぶりに再オープン!市営となった、吉川英治記念館

知る人ぞ知る?ホテル特製「石神温泉・おくたま路」の、青梅豚のカツ重

青梅・二俣尾の「多摩書房」東京西端の本屋で、36年前の新書を買う、の巻

吉川英治記念館となり「そばと茸の里 じゃもの」の手打ち蕎麦は、超濃厚蕎麦湯