吉川英治記念館となり「そばと茸の里 じゃもの」の手打ち蕎麦は、超濃厚蕎麦湯

青梅市営として再オープンした、吉川英治記念館
腹ごしらえをしようと、記念館の隣にあるお蕎麦屋さん「そばと茸の里 じゃもの」へ入りました。
吉野街道沿いには、美味しい蕎麦屋さんが多数ありますが、はたして、こちらではどんな蕎麦が頂けるでしょうか?

⚫︎野菜天ぷらも美味しい、茸の里

吉川英治記念館横の、お蕎麦さん

青梅市・柚木の、そばと茸の里 じゃもの
青梅市・柚木の、そばと茸の里 じゃもの

1年半のブランクを挟んでオープンした、吉川英治記念館
せっかく、足を運ぶのなら、美味しいモノでも食べたいですよね。
幸い、この界隈には、美味しい蕎麦やうどんを食べさせるお店が目白押しです。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の店内

記念館のすぐ横にある、「そばと茸の里 じゃもの」もそのひとつ。
記念館内には、レストランやカフェはないので、見学あとのひと休みにピッタリです。

「お店を始めて、2年半なんですよ」
ということは、開店して1年ほどで吉川英治記念館が閉館した、ということです。
加えてコロナ禍での外出自粛と、開店してから大変だったのだろうな、と察せられます。
とりあえず、ようやく記念館もオープンして良かったですね。

主なメニュー

  • もりそば… 800円
  • とろろそば…1,000円
  • きのこつけ汁そば… 1,000円
  • きのこ天ぷらそば… かけ・もり各 1,400円
  • かけそば… 800円
  • きのこそば… 1,000円
  • 野菜天ぷら… 600円
  • 味噌田楽… 500円

「そばと茸の里 じゃもの」らしく、キノコ系のメニューが多いのが特徴。
キノコは自家栽培、「きのこつけ汁そば」や「きのこ天ぷらそば」が人気メニューです。

もりそばと、野菜天ぷら

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、もりそば、野菜の天ぷら

色々悩みましたが、もりそばと野菜天ぷらをチョイス。
えっ、キノコ系じゃないの、とギモンをお持ちでしょうが、ここは野菜の天ぷらも美味しいのですよ!
キノコは、秋の旬の楽しみに、取っておきます。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、もりそば

蕎麦は、自家製麺です。
更科ほど白くありませんが、上品な色合い。
ほのかな甘みと、香りを両立させた蕎麦です。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、もりそばの汁

出汁よりも醤油の香りを活かした、やや辛口の蕎麦汁。
ちょこっと漬けて、食べると旨い汁ですね。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、もりそばの薬味

薬味はオーソドックスに、ネギとワサビ。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、野菜天ぷら
サツマイモ、カボチャ
青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、野菜天ぷら
ピーマン
青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、野菜天ぷら
ナス
青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、野菜天ぷら
ミョウガ

サツマイモ、カボチャ、ピーマン、インゲン、ナス、ミョウガ。
野菜の天ぷらは、様々な種類の野菜を堪能できます。
種類だけではなく、ピーマンやナスなどは2個ずつあります。
普通、こんなに沢山天ぷらはを食べるとゲッツリしますが、ノープロブレム。
新鮮な野菜を、薄めの衣でカラッと揚げているのか、軽くいけます。
天ぷらは、蕎麦汁とは別の出汁で頂きます。
食卓には塩もあったので、食べ比べるのも良いかも。

青梅市・柚木の「そばと茸の里 じゃもの」の、蕎麦湯

今回、一番驚いたのは、蕎麦湯の濃さ。
見てください、この白さ。
まるで甘酒みたいですが、超濃厚な蕎麦湯なんです!

いうまでもなく、美味しいです。
良い蕎麦をふんだんに茹でたお湯ならではの、香り高い蕎麦湯です!

吉川英治記念館、吉野梅郷と、有名観光地近くのお蕎麦屋さんですが、侮れませんよ。
かけ蕎麦系は食べていないので、迂闊なことは言えませんが…
蕎麦湯を飲むために、もり蕎麦を選んでも良いと思います。

●お役立ち情報

アクセス

JR青梅線・青梅駅より、都営バス「吉野」行にて「柚木」バス停下車、徒歩1分
または、JR青梅線・二俣尾駅より、徒歩18分

営業時間

営業時間… 11:30 〜 14:00
定休日… 水・木曜日

問い合わせ先

●そばと茸の里 じゃもの
住所… 東京都青梅市柚木町1-78-3
電話… 0428-27-0973

●都営バス
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/

近くのオススメスポット

特集 - Special –

【テイクアウト情報】
飲食店のテイクアウトを特集。主に青梅市内の飲食店を掲載しています。
(2020年5月現在の情報)
ワンコインで食べられるお店も多数掲載!
地図からも探せます!

【ほどいなか】
リモートワーク時代の、程よい田舎暮らしの方法