青梅・海禅寺で、貴重な野生ラン、セッコクを愛でる小旅

青梅・二俣尾の海禅寺(かいぜんじ)。
15世紀に創建された、禅寺です。
しだれ桜で有名な寺ですが、6月になると境内にセッコクが咲きます。
清楚で可憐なセッコクを見る少旅、いかがですか?

禅寺のセッコク

瑞龍山・海禅寺

青梅市、瑞龍山・海禅寺
瑞龍山・海禅寺

瑞龍山・海禅寺は、曹洞宗の禅寺。
15世紀中頃、ちょうど応仁の乱の数年前に、創始されました。
春はしだれ桜、裏山のツツジと花の寺としても有名です。

青梅市、瑞龍山・海禅寺の総門
総門

青梅街道に面する総門から、参道が続きます。
総門は、青梅市の指定有形文化財。
「不許葷酒入山」と、書かれた碑文があります。
ニンニク臭い人や、酒気帯びした人は、寺に入っちゃダメよ、という禅寺のしきたりです。

青梅市、瑞龍山・海禅寺の踏切
参道に踏切

参道を、青梅線が横切ります。
踏切の名は「海禅寺踏切」。
それ以外、名付けようのない名前です(笑)

青梅市、瑞龍山・海禅寺の三門
山門
石段に咲くムラサキカタバミ
青梅市、瑞龍山・海禅寺の本堂
山門からの本堂

石段を登り、立派な山門を通り、境内に入ります。
石段には、雑草のムラサキカタバミが咲いています。
これはこれで綺麗だけれども、帰化植物なので増えて欲しくないかな。

本堂

1984年に火事があり、再建された本堂。
後ろに避雷針、しかも2本もあるあたり、辛い歴史を物語ります。

三田氏供養塔

本堂左手を少し登ると、三田氏供養塔があります。
三田氏は、この辺り一帯を支配していた豪族。
ちなみに、青梅駅近くの勝沼城は、三田氏の城。
海禅寺は、三田氏の菩提寺だったのです。

青梅・海禅寺のツツジ
ツツジもまた、美しい

6月初めですが、ツツジもギリギリセーフ。
海禅寺の裏山は、ツツジに覆われています。
こちらは花が散っていましたが、最盛期はさぞ見事なのでしょうね。

海禅寺のセッコク

青梅・海禅寺のセッコク
海禅寺のセッコク

海禅寺の境内にある大木に、セッコクが着生しています。
上の写真の木に着いている、白い花がセッコクです。

セッコクとは…

セッコク(石斛、学名:Dendrobium moniliforme)は、単子葉植物ラン科の植物。日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物である。

Wikipediaより引用

セッコクは野生ランの一種で、木に着いて生育する花です。
木に寄生しているのではなく、木から落ちる枯れ葉や苔、雨水に含まれる栄養で生きています。
着生ランは熱帯に多く、日本のような温帯では、栄養補給がままならず、種が少なく貴重です。
お勉強モードは、これくらいにして…

青梅・海禅寺のセッコク

白く清楚な花が、木にへばり付いています。
これだけの大木に着生しているので、このセッコクは自生のものでしょうか?

青梅・海禅寺のセッコク
本堂前のセッコク

大木のセッコク以外に、本堂前の庭にも、セッコクが咲いています。
こちらは背の低い木で、近くで鑑賞するのにもってこいです。

青梅・海禅寺のセッコク

で、近寄ってみると、やはりランらしい容姿ですね。
やっぱり、君は美しい、なんて告白したくなる感じ?

やっぱり、山里の寺は良い

青梅・海禅寺の鐘
山並みを良いね

セッコク見物に満足して、そろそろおいとましようと思ったら…
鐘撞堂の向こうに、日の出山方面の山並みが!
山里のお寺って、やはり良いですね。
立川から、電車で40分。
ちょっぴり日常を忘れ、花と山に囲まれた寺へ、旅してみませんか?

インフォメーション

アクセス

JR青梅線・二俣尾駅から、徒歩4分

問い合わせ先

瑞龍山海禅寺
住所… 東京都青梅市二俣尾4-963
電話… 0428-78-9447

●青梅市観光協会
https://www.omekanko.gr.jp/

近くのオススメスポット

蕎麦も天ぷらも旨し、青梅・二俣尾の「かわしま」は穴場的・良店!

丸太組みのログハウスで飲むキリマンジェロ、青梅・二俣尾の「らびっと」

御嶽駅前・東峯園、喉越し良しの、激ウマラーメン

知る人ぞ知る?ホテル特製「石神温泉・おくたま路」の、青梅豚のカツ重

青梅・吉野梅郷の復活と、梅かざりをめぐる物語

ひと足早い春を満喫、青梅・即清寺のロウバイ