古甲州道を経て払沢の滝へ、檜原村・浅間嶺、古き良き山旅

東京都・檜原村の浅間嶺。
奥多摩の入門コースとして人気があります。
いにしえの古道の辿り、富士山信仰の山へ登り、「日本の滝百選」払沢の滝へ。
変化に富んだトレッキングコースです。

かつて山里の生活道路だった、富士信仰の山、浅間嶺

上川乗から、霧の森を往き、古甲州道の尾根へ

東京都・檜原村の、上川乗バス停
上川乗バス停

JR五日市線の終点・武蔵五日市駅より、西東京バスで40分弱、上川乗バス停で下車。
バス停裏手には公衆トイレのあり、志度をして出発します。

東京都・檜原村の、浅間嶺、上川乗・登山口
浅間嶺登山口

都道206号を少し上り、小さな橋を渡ると右手に浅間嶺登山口。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の森

低山の登山コースとはいえ、初っ端から中々の急登。高尾山や御岳山に比べると、歩く人も少なく静かな山が楽しめます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道からの、山の展望

台風一過の日で、秋晴れとなるかと期待しましたが… 霧が立ち込め、これはこれで美しい。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の道標

今回のコースは「関東ふれあいの道」でもあり、指導標も完備。良く整備されています。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道からの、山の展望

尾根筋ですが、やや東斜面を巻く道。所々、東側が開け、山里の民家も望まれます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の、霧の森

辺りは霧に包まれます。とはいえ、しっかりした道筋で不安なく歩けます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の、霧の杉林

杉林も霧に包まれると、見違えるように美しい!

東京都・檜原村の、浅間嶺の、マツカゼソウ
マツカゼソウ

道端にはマツカゼソウ。

東京都・檜原村の、浅間嶺の、キノコと苔

雨上がりの木に、苔とキノコ。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の森

霧の道を往きます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・登山道の、青葉

初秋なのに、目に青葉。

東京都・檜原村の、浅間嶺休憩所付近の道標

急登を登り詰めると、浅間尾根・稜線の峠に到着します。

尾根を歩き、浅間嶺へ

東京都・檜原村の、浅間嶺・山頂付近の登山道

浅間嶺(小岩浅間)へは、峠から西へ向かいます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・富士浅間大神

5分ほど歩くと、青いトタンに囲まれた「富士浅間大神」に到着。

東京都・檜原村の、浅間嶺・富士浅間大神の祠

富士山信仰の浅間神社。祠も祀られています。

東京都・檜原村の、浅間嶺・富士浅間大神の屋根

崩壊してしまったのでしょうか?祠の屋根と思しきものが、近くにあります。

東京都・檜原村の、浅間嶺の広葉樹林

山頂直下の、広葉樹の森。幻想的と言わずとして、なんと言う。

東京都・檜原村の、浅間嶺・山頂

標高903mの浅間嶺(小岩浅間)山頂に到着。森に囲まれ、展望は効きません。

東京都・檜原村の、浅間嶺休憩所

峠まで引き返します。左手に休憩所があり、トイレも完備。

東京都・檜原村の、浅間嶺・富士浅間大神からの展望

休憩所付近からは北方面が開け、山々も望まれますが… 今日は見えません。

東京都・檜原村の、浅間嶺の彼岸花

休憩場近くの広場に、なぜか、彼岸花が咲いてます。
峠へ戻り、指導標に従い、浅間嶺展望台へ登ります。

東京都・檜原村の、浅間嶺展望台
浅間嶺展望台

ひと登りで、標高890mの浅間嶺展望台に到着。
先ほど登った小岩浅間より低いけれど、富士山も望まれます。テーブル付きのベンチもあり、昼食を楽しむのも良いでしょう。

古甲州道を歩き、払沢の滝へ

浅間嶺展望台から浅間尾根をたどり、東へ下ります。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根のススキ

秋の気配が漂う道を往きます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、タムラソウ
タムラソウ

地味な花が多い初秋に、ひときわ目立つタムラソウ。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、マルバハギ
マルバハギ

秋らしく、ハギの仲間のマルバハギも。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、森

緩やかな道をノンビリと、稜線万歩。
この道は、武蔵国と甲州を結ぶ「古甲州道」です。
江戸幕府が甲州街道を整備する以前、生活道路として、時には軍道として利用されてきました。
甲州街道に比べると距離も長く高低差もありますが… 尾根道を上手く使い、洪水などにも耐える道だったのでしょう。
現在は、「浅間尾根として親しまれています。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、指導標

浅間嶺休憩所から、直接下る道と合流します。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、森林伐採地

しばらく歩くと、明るい森林伐採地に出ます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、キバナアキギリ
キバナアキギリ

キバナアキギリの花。花の上から、紫色の雄しべがニョキッと出ています。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、野菊

露をまとった野菊も。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、ミズヒキの花
ミズヒキ

そよ風に揺れる、ミズヒキの花。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根からの、大岳山

途中、大岳山方面の展望も楽しめます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、清流

いつしか、沢沿いの道へ。苔むした清流沿いを下ります。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、時坂峠の林道

しばらく下ると林道へ出ます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、時坂峠の、大山祇神社

大山祇神社に到着。
しまなみ海道で有名な、瀬戸内海・大三島に総本社があります。
海の神様として有名ですが… 山の総元締でもあるのですね。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、時坂峠の茶屋

峠の茶屋の前を通り、更に下ります。
時坂峠の林道は、「激坂」スポットで、ロードバイクの人が結構います。よく上れるなと感心。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、時坂峠付近の道標

時坂峠への分岐に到着。左折し、一般車両通行止めの林道を歩きます。

東京都・檜原村の、浅間嶺・時坂峠の、クサボタン
クサボタン

道端には、サザエさんの髪型みたいなクサボタンの花。

東京都・檜原村の、浅間嶺・浅間尾根の、時坂峠
時坂峠

しばらく歩くと時坂峠に到着。再び山道を下ります。

東京都・檜原村の、払沢の滝・駐車場
払沢の滝 駐車場

指導標を頼りに、登山道と林道を交互に歩けば、払沢の滝駐車場に到着します。
ここから滝までは片道15分、せっかくなので、見に行きます。

東京都・檜原村の、払沢の滝
払沢の滝

払沢の滝は、「日本の滝百選」の名瀑。台風一過の頃は水量も多く、見ごたえがありますね。

四季折々美しい滝ですが、冬の結氷は見事です。
払沢の滝からバス停まで15分程度。バスの時間を確かめて下りましょう。

インフォメーション

登山地図

上川乗バス停… 2時間 …浅間嶺休憩所… 15分 …浅間嶺(小岩浅間)…15分 …浅間嶺展望台… 1時間20分 …大山祇神社… 30分時坂峠… 40分 …払沢の滝入口バス停
ー計5時間ー
※払沢の滝入口〜払沢の滝は、往復約30分

アクセス

【行き】
JR五日市線・武蔵五日市駅より西東京バス「数馬」「都民の森」行にて、「上川乗」バス停下車
【帰り】
西東京バス「武蔵五日市駅」行バスにて、終点下車

コースの状況など

  • 特に危険な箇所はないが、冬場は路面凍結に注意
  • 雨の日などやや滑りやすい箇所あり
  • トイレは、上川乗バス停、浅間嶺休憩所、払沢の滝駐車場、払沢の滝入口バス停付近にあり

近くのオススメスポット