関東屈指のブナ林を歩く山旅、鶴峠から三頭山で紅葉三昧

東京近郊ながら、ブナの森が広がる三頭山。
東京都民の森から登るのが一般的ですが、山梨県・鶴峠からのルートも素晴らしいです。
静かで程よく整備された道を歩き、三頭山へ。
山頂から、三頭大滝で紅葉を楽しみ、都民の森へ下るプランを紹介します。

国境を超え、ブナ林の山三頭山へ

山梨県側から登る、三頭山

JR中央線・上野原駅前
上野原駅

奥多摩三山のひとつ、三頭山は、東京と山梨の国境にあります。
東京都民の森から登るコースが手軽ですが、山梨県側のルートもまた、素晴らしい。
山梨県側もいくつかの登山道がありますが、今回は鶴峠から登るコースを紹介します。

※都民の森からのルートはこちらをご参考ください。

鶴峠は、JR中央線・上野原駅より、バスで向かいます。
春・秋を中心とした季節運行、しかも土曜・休日のみ、事前に要確認です。
近年、新しくなった上野原駅から、富士急バスで1時間強で、鶴峠に到着。
鶴峠には、トイレもあり、支度を整え、出発します。

鶴峠から、三頭山へ

鶴峠・三頭山登山口
鶴峠・三頭山登山口

登山口はバス停付近ですが、やや目立たない感じ。
登り始めは急登で、林道と交差しながら登ります。

鶴峠から三頭山の広葉樹林

やがて、やや緩やかになり、早速ブナなどが生える、広葉樹林帯となります。
気持ちの良い道を進み、やや急登となり、1087m峰付近に到着。

鶴峠〜三頭山の登山道

落ち葉を踏みしめ、ブナの森を往きます。

鶴峠〜三頭山の登山道の森

尾根の北面を巻きながら、道は続きます。

鶴峠〜三頭山の登山道のブナの木

ブナの巨木。
東京近郊に、これだけの森があることに驚かされます!

鶴峠〜三頭山の登山道の落ち葉
鶴峠〜三頭山の登山道の黄葉

足元には、色づく林床、落ち葉も。
前後左右上下、全てがが美しい!

比較的緩やかな道を進みと、向山からの道と合流。
合流地点から程なくすると、小焼山(1332m峰)の巻道となります。
直登も出来ますが、道が明瞭なのは巻道。

鶴峠〜三頭山の登山道の小焼山巻道の桟道
小焼山巻道の桟道

巻道は、狭い崖に作られています。
桟道などもあり、気を付けて歩きます。

鶴峠〜三頭山の登山道のブナ林

この付近も、美しい広葉樹林。
新緑や黄葉の季節は、美しい光景が広がります。

鶴峠〜三頭山の登山道の奥多摩湖分岐点
奥多摩湖への分岐点

道を進むと、分岐点が。
左の道は、奥多摩湖方面への道です。
三頭山頂は右です、お間違えないように。

鶴峠〜三頭山の登山道の、神楽入ノ峰山頂
神楽入ノ峰山頂

分岐点からしばらくすると急登、登り切ると、神楽入ノ峰に着きます。
1,447mと、かなり標高を稼ぎました。
ここから三頭山へは、標高差100m弱ですが…
アップダウンもあり、30〜40分程度かかり、心して登ります。

鶴峠〜三頭山の登山道の倒木

登山道には、倒木も。
輪廻転生、いつかは土に還る、のでしょうか。

鶴峠〜三頭山の登山道のブナ

樹肌も美しい、イヌブナ。
自然観察も楽しい、森の道です。

鶴峠〜三頭山の登山道からの富士山

登山道右手には、富士山も望まれ、頂上もあと僅か。
春秋の登山シーズンならば、頂上から嬌声も響きます。

三頭山の頂上の道標
三頭山頂

急登を進み、山頂へ。
急に賑やかとなります。

三頭山からの富士山

頂上からの富士山。
富士山の東側、午後には逆光となり霞みますが、霊験あらたなこの山は、やはり美しいです。

三頭山から三頭大滝を経て、都民の森へ

三頭山頂の道標

山頂から避難小屋方面へ下り、ムシカリ峠を目指します。
この道は、東京と山梨の国境。
南下すれば、高尾山にも続きます。

三頭山の木々

見上げれば、木々の紅葉も鮮やかです。

三頭山のブナ

ムシカリ峠までの道も、ブナの巨木が見事です。

三頭山の紅葉

モミジも多く、見ごたえがあります。

ムシカリ峠の道標

頂上からの稜線を下り切ると、ムシカリ峠。
三頭大滝方面へ、下ります。

三頭山の沢

緩く山を巻きながら下ると、やがて沢沿いの道となります。
清流が、落ち葉の岩を縫うように、流れます。

三頭山の沢

都民の森だけあり、よく整備された道ですが、沢筋。
滑らないよう気を付け、下ります。

三頭大橋
三頭大滝の橋

大沢山からの登山道と合流し、橋を渡ると、三頭大滝に掛かる橋が見えます。
三頭大滝はすぐそこ。

紅葉の、三頭大滝
三頭大滝

橋の上から、三頭大滝が一望できます。
錦織に一筋の滝が、映えます。

都民の森の遊歩道
都民の森の遊歩道

三頭大滝から、都民の森へ下ります。
ウッドチップを敷き詰めた遊歩道は、快適です。

都民の森からは、バスで武蔵五日市駅へ。
本数が少なく、乗り遅れると、結構待ちます。
三頭大滝へ着くと、都民の森に着いた気になりますが、バス停まで30分弱かかります。
ご注意を!

インフォメーション

アクセス

JR中央線・上野原駅より、富士急バス「鶴峠」「松姫峠」行バスにて「鶴峠」バス停下車

登山地図

電⼦地形図(国⼟地理院)を加⼯して作成

鶴峠 …〈1時間30分〉… 向山分岐 …〈50分〉… 神楽入ノ峰…〈40分〉 … 三頭山 …〈15分〉… ムシカリ峠…〈1時間〉… 三頭大滝…〈25分〉… 都民の森(バス停)
ー計4時間40分ー

コースの状況など

  • 鶴峠からの登りは整備されているが、歩く人はやや少ない
  • 鶴峠には水場はなく、飲料水を持ち込む必要あり
  • 積雪時は、それなりの装備が必要
  • 携帯電話は、圏外の場所が多い
  • 逆コースは、帰りのバスの便が少ないのでおすすめしない
  • トイレは、鶴峠、三頭山避難小屋、三頭大滝近く、都民の森にある

問い合わせ先

奥多摩ビジターセンター
東京側のコースの状況など
https://www.ces-net.jp/okutamavc/

東京都檜原 都民の森
都民の森の状況など
https://www.hinohara-mori.jp

小菅村
山梨県側の状況等
http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp

富士急バス
https://bus.fujikyu.co.jp

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html

近くのオススメスポット