10数年に一度? 払沢の滝が、完全結氷する気象条件とは?

東京都唯一「日本の滝百選」に選ばれた、檜原村の払沢の滝(ほっさわのたき)。
厳寒期は、氷瀑の滝として知られています。
完全結氷は10数年に1度。どのような気象条件で結氷するのか、検証してみました。

大寒波が必須? 払沢の滝の、完全結氷

氷結の度合いで七変化な、払沢の滝

東京都で、島部を除いて唯一の村、檜原村。
風光明媚な山村に、払沢の滝があります。
「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑ですが、比較的行きやすいのも特徴。

新緑や紅葉の時期も良いですが、なんといっても冬の氷瀑が素晴らしい滝です。
氷結が進むと、どのようになるのでしょうか?

氷結率10%

まずは、氷結率10%。周りは凍っていますが、まだまだ「普通の滝」。でも、周囲の氷柱は見事です。

氷結率40%

40%になると、ぐっと氷瀑らしくなります。とはいえ、水の流れは、結構あります。
滝壺に張った氷は、昼間の暖かさで割れています。

氷結率60%

60%になると、上部はほぼ凍り、下部だけ滝が見える状態。充分、氷瀑として、見応えあります。

氷結率98%

上の写真は、氷結率98%。ほんの少し氷結していませんが、100%とほぼ同じ?
壮観、そして、荘厳です。東京にいることを、忘れてしまいそう…
ちなみに、この写真を撮った翌日に、完全氷結しました。タッチの差で、観られなくて悔しい!

でも、完全氷結はもちろん良いけれど、それぞれ味があるな、と思います。
東京で気軽に氷爆が観られるなんて、素晴らしいことではありませんか!

払沢の滝のコースガイドです。アプローチ等、ご参考にしてください。

払沢の滝が、21世紀に完全結氷したのは、2年だけ

払沢の滝ですが、完全結氷は滅多にありません。
2022年1月9日現在、21世紀に入り、完全結氷したのは2度だけ。

払沢の滝 最大氷結率

上図は、檜原村観光協会発表の、年ごとの最大結氷率をグラフ化したもの。
21世紀に入って、100%氷結したのは、2006年・2018年の2度だけです。やはり、地球温暖化などの影響もあるのでしょうか?

完全氷結した際の日付近の、最低気温は?

どの程度、寒くなれば、完全氷結するのでしょうか?
2018年に完全氷結した日の、過去10日分の気温を、気象庁のWebサイトで調べてみました。
気象庁のデータでは檜原村での気温の記録がなく、比較的近い青梅市の気温データと、氷結率を重ねてみました。

2018年・青梅市の気温と、払沢の滝氷結率

1月28日に完全氷結しましたが、3日ほど前から、猛烈な寒さですね。
ちなみに、前日1月27日は青梅で、観測史上、もっとも最低気温の低い日でした。
25日も史上4番目、26日は6番目に低く、猛烈に寒い日が続いています。
1週間前はまったく凍っていないのに、凄いスピードで氷結しています。

2018年・小河内の気温と、払沢の滝氷結率

同じく、払沢の滝に近い、小河内(奥多摩町)の気温も見てみましょう。

大体の傾向は青梅と同じですが、寒暖差は少ないですね。
意外ですが、氷結・過去3日の最低気温は、青梅より暖かい。
小河内の観測点は標高510m、青梅は標高190m。普通ならば、小河内のほうが寒い気がしますが…
冬は日によっては青梅の方が寒い(特に最低気温)ことも、あるのです。
小河内の観測点は奥多摩湖の畔、水温などに左右され、払沢の滝の参考としては、むしろ青梅のほうが良いかも。

2006年・青梅市の気温

2006年1月8日に完全氷結した時の、気温も見てみましょう。
残念ながら、氷結率は公表されていませんが、過去10日の青梅市の気温です。
2018年ほど強烈ではありませんが、1月の最低気温が-2.3℃、平均気温が3.2℃の青梅としては、連日寒い日が続いています。

最低気温も低いのですが、平均気温もかなり低い。この時期として、3℃程度低く、これが、ほぼ10日間以上続いています。
これならば、払沢の滝で氷結が進むのも頷けます。

データを見る限り、平均気温が概ね、青梅で2℃以下の日が10日程度続くか、大寒波に3〜4日飲み込まれると、完全氷結する可能性が高いですね。
この条件は滅多になく、おそらく昔は頻繁に氷結していたのでしょうが、だんだん難しくなるでしょう。

年間平均気温の推移

1977年〜2021年の、東京(大手町)、青梅、奥多摩の年間平均気温です。
ともに、40年で1〜2℃程度、年間平均気温が上昇しています。特に青梅は都市化が進んだのか、気温の上昇幅が大きいです。
奥多摩の山間部も例外ではなく、1℃ほど上昇。
今後は、払沢の滝・完全氷結も、ますます少なくなりそうです。

インフォメーション

アクセス

JR五日市線・五日市駅より、西東京バス「数馬(払沢の滝経由)」「藤倉」行にて「払沢の滝入口」下車
駐車場… あり(ただし、2021年1月現在、臨時駐車場の予定なし・混雑が予想される)

ハイキングマップ

払沢の滝バス停… 徒歩15分 …払沢の滝… 徒歩15分 …払沢の滝バス停
ー計30分ー

コースの状況など

  • 特に危険な箇所はないが、冬場は路面凍結に注意!
  • 冬場は寒いので、暖かい服装で
  • ほぼ平坦な道の、ラクラクハイキング
  • 子供連れでも大丈夫!
  • 駐車場近くにトイレ有り
  • 滝の手前に休憩所有り

問い合わせ先

●檜原村
https://www.vill.hinohara.tokyo.jp/
●檜原村観光協会
https://hinohara-kankou.jp/
●西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html

近くのオススメスポット