羽村・多摩川に咲く、幻の絶滅危惧種・カワラノギク

秋の河原に咲く、薄紫色のカワラノギク。
絶滅危惧種に指定され、多摩川や相模川など、一部の河川のみの自生。
東京都・羽村市には、希少な自生地があります。

河原に咲く野菊、カワラノギクを訪ねて

カワラノギクとは?

羽村市・多摩川のカワラノギク
カワラノギク

カワラノギクは、関東地方・静岡の河原に自生する、野菊です。
川は、水の流れが変わったり、氾濫を繰り返します。その過程で、河原が生まれます。

カワラノギクは、適度に氾濫する河原に自生する植物。
護岸工事や治水対策で洪水が減り、カワラノギクはほぼ絶滅しました。
環境省では、カワラノギクを絶滅危惧II類に指定。絶滅の危機に瀕しています。

カワラノギクの花

多摩川では、羽村・福生・青梅などでカワラノギクの自生地が現存。帰化植物の除去など、地元・ボランティアの、保護活動の賜物といえます。
例年、10月下旬から11月上旬が見頃です。

羽村・カワラノギク自生地を訪ねる

羽村市観光案内所
羽村市観光案内所

JR青梅線・羽村駅西口から、羽村の堰方面へ向かいます。途中、観光案内所があるので、情報を仕入れると良いでしょう。

羽村市観光案内所の、はむりん

羽村のゆるキャラ・はむりんは、チューリップ?

羽村には、東京最大級のチューリップ畑があるんですね。

羽村市観光案内所の、カワラノギク

観光案内所の横で、カワラノギクを栽培。予習にピッタリです。

羽村市・羽村の堰の、玉川兄弟像
玉川兄弟像

多摩川から、玉川上水を取水する、羽村の堰。玉川上水を造った、玉川兄弟の像があります。

羽村市・羽村の堰の、玉川兄弟像とネコ

兄弟の足元にネコ。野良じゃなさそうですね。

羽村市・羽村の堰
羽村の堰

玉川上水の取水堰から、上流へ向かいます。

羽村市・羽村の堰付近の、多摩川土手

土手の遊歩道を歩きます。

この土手は桜の名所。春は壮観ですよ!

羽村市・宮ノ下運動公園
宮の下運動公園

土手を500mほど歩くと、野球場のある「宮の下運動公園」に到着。
公園と多摩川の間に、カワラノギクの自生地があります。

羽村市・多摩川のカワラノギク自生地入口

運動場奥の河原側に、ノボリの目印近くに、河原へ下る細い道があります。
道は明瞭ではなく、まさに、いばらの道。距離は短いですが、足元のしっかりした靴と、軍手があると良いでしょう。
なお、雨の後など、増水時は大変危険です。近寄らないように。

羽村市・多摩川のカワラノギク自生地と、里山

岸の向こうは、里山。

羽村市・多摩川のカワラノギク自生地

藪の道を抜ければ… カワラノギク咲く、河原に到着します!

幻のカワラノギク咲く河原

羽村市・多摩川のカワラノギク自生地

カワラノギクは、丸石の河原を好みます。

羽村市・多摩川のカワラノギク

独特の茎が印象的です。

羽村市・多摩川のカワラノギク

背丈は50cmくらいでしょうか。株によって茎の色が違うのは、二年草だから?

羽村市・多摩川のカワラノギクの花

薄紫色の美しい野菊。

羽村市・多摩川の、白いカワラノギク

株によっては、白い花もあります。

羽村市・多摩川のカワラノギクの、花と蕾

多少開花の時期が違うのが、蕾の花もあります。

羽村市・多摩川のカワラノギクの拡大写真

近寄ってみると… キク科らしく、真ん中に小さい花(筒状花)が密集し、外側には花びら(舌状花)があります。
たくさんの花が同居しているような、マンションみたいな感じですね。

羽村市・多摩川のカワラノギク自生地のススキ
羽村市・多摩川のカワラノギク自生地の、エノコログサ

ススキやエノコログサも、秋の風情に。
日本の原風景のような河原です。
里山に囲まれた、カワラノギク自生地、晴れた秋の日にでもいかがですか?

インフォメーション

アクセス

JR青梅線・羽村駅より、徒歩20分
宮ノ下運動公園近く

問い合わせ先

●羽村市観光協会
Webサイト… http://hamura-kankou.org
電話… 042-555-9667

近くのオススメスポット