多摩川沿いの参道に彼岸花、羽村の武蔵阿蘇神社へ

羽村市、多摩川左岸。
川と平行する参道が、武蔵阿蘇神社に通じています。
秋になると、彼岸花が参道を彩ります。
歴史に想いを馳せ、花を愛でる散策が楽しめます。

花咲く参道から、歴史ある神社へ

彩り鮮やかな、秋の参道

羽村市、武蔵阿蘇神社参道入口
武蔵阿蘇神社参道入口

武蔵阿蘇神社は、推古天皇9年(601年)の創建。
多摩川が大雨で氾濫、水難を鎮めるため、創建したとされます。
ところで、多摩川の岸にある神社そのものが、水難に遭わないのか不思議だけれども…

羽村市、武蔵阿蘇神社近くの、多摩川
神社近くの多摩川

参道は多摩川とさして高さが変わりませんが、社殿は10mほど高い丘の上。
国土交通省のハザードマップを見ると、多摩川が氾濫しても社殿は安全圏です。
流石、昔の人は経験的に、解っているのですね!

羽村市、武蔵阿蘇神社の参道と彼岸花
参道

参道は300mほど。
多摩川の左岸を上流へ、本殿に続きます。

羽村市、武蔵阿蘇神社・参道近くの、河川標識

はるばる、海から55kmの標識。
何故か、メガネ掛けています 。
そういえば…
さきほど、歩き始めた阿蘇神社参道入口付近が、多摩川サイクリングロードの起点、というか終点です。

多摩川河口は、羽田空港の横。
実は、飛行機って、自転車を手荷物で持ち込めます。(輪行袋に入れれば、ですが)
そう、この道は、世界に通じているのです。

羽村市、武蔵阿蘇神社・参道の彼岸花

脱線しました。
秋になると、参道の路肩に彼岸花が咲き誇ります。

羽村市、武蔵阿蘇神社・参道の彼岸花

天気が良いと、紅い花が眩しいばかりに、輝きます。

ツユクサの花

ツユクサも、咲いています。
初夏から 初秋にかけて咲きますが、ここのは割と大きな花を付けていました。

羽村市・武蔵阿蘇神社・参道のニラ
ニラの花

ニラの花も、咲いています。
ニラレバ炒めのニラ、です。
葉っぱ、食べられるのかな…
自信が無いので、摘みませんでしたが(笑)
毒草と誤認したら、シャレにならないし。
ちなみに、秋物よりも夏のほうが、美味しいそうです。

また、話が逸れましたが…
ブラブラ歩くとやがて、鳥居に到着。

羽村市・武蔵阿蘇神社の鳥居

左に多摩川を望みながら、石段を登ります。

羽村市・武蔵阿蘇神社の本殿
武蔵阿蘇神社本殿

石段を登りつめると、本殿。
歴史ある神社、やはり、千四百年の風格を感じます。
近所の人も参拝に訪れていて、地元に根付いるようです。

羽村市・武蔵阿蘇神社の本殿
羽村市・武蔵阿蘇神社の手水舎

木々に囲まれた境内は、鬱蒼としています。
手水舎の水が、木の葉を映し、緑に染まっていました。

インフォメーション

アクセス

JR青梅線・羽村駅より、徒歩27分
または、羽村駅西口より、羽村コミュニティバス「羽村西コース」にて「一峰院」バス停より、徒歩6分

問い合わせ先

武蔵阿蘇神社
住所… 東京都羽村市羽加美4-6-7
電話… 042-554-3405

●羽村コミュニティバス
http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000008793.html

近くのおすすめスポット

東京のオランダ?羽村のチューリップ畑と、踊子草公園

旅する料理人のレストラン、羽村の”Hanenaka cafe”は、地球の反対側から、行く価値あり!

【2020年9月オープン】北海道で修行した、本場みそラーメン、羽村の「らーめん ななと」

青梅の大井戸、羽村のまいまいず井戸、「グルグルな井戸」を巡る小旅

濃厚にもほどがある、羽村・煮干乃宴の、極旨煮干しラーメン

ニューフェイスなのに、行列?羽村の「ふるいち」は、緻密な美味さのラーメン

羽村の「クルマル リラック」絶品ロールケーキを、福島屋で買う理由