旅する料理人のレストラン、羽村の”Hanenaka cafe”は、地球の反対側から、行く価値あり!

羽村の堰にほど近い、”Hanenaka Cafe”。
看板もなく、絶対にレストランだと気が付かないのですが…
何やら不安だな、と思った方、騙されたと思って入ってください。
正真正銘・隠れ家の名店レストラン、これは見逃せませんよ!

多摩川の畔の、知られざる名店

ホントにレストランなの?

羽村市のHanenaka Cafe
羽村市のレストラン、”Hanenaka Cafe”

のっけから、盛大なる営業妨害なタイトルですが(笑)
東京都・羽村市、玉川上水の取水口、多摩川は羽村堰の近くに、看板のないレストランがあります。

なぜ、ここがレストランだと、分かったのか…
説明が必要ですね。
青梅では第三日曜日に、青空市「おうめマルシェ」が開催されます。
青梅近郊のお店が出店し、屋台料理などが食べれる、町おこしを兼ねたお祭り。
そこに、無加水のピーチネクターが出ていた、という話を耳にしました。

筆者は、ピーチネクターが大好き。
某ペコちゃんのヤツが有名ですが、果汁30%。
35%のプレミアム版もありますが、どちらにしろ、もっと濃厚なのが飲みたいのです。
桃は高いから仕方ないといえば、仕方ないのですが。

「おうめマルシェ」で飲みそこねた、ネクターの販売元を調べると、羽村にある”Hanenaka Cafe”というお店。
そこはインターネットの時代、住所も突き止めました。
よく通る道沿いだけど、そんな店あったかな…
ともかく、現地へ行って確かめようと、出かけました。

看板がないけれど、辺りをうろついたり、入り口から覗くと、レストランのよう。←傍から見たら犯罪者というか、不審者みたい…
まあ、「注文の多い料理店」みたいに猫に食べられることも、あるまい(笑)
ここは、勇気を持って入店。

羽村市のHanenaka Cafeの店内

いやいや、至極真っ当、ちゃんとしたレストランでした。
笑顔の素敵な、女性が出迎えてくれます。

羽村市のHanenaka Cafeの店内

テーブルとカウンター席、奥にはサンルームのような部屋も。
小さいながらも、好ましい雰囲気です。

ハンバーグのプレートランチ

メニューは、日によって変わります。
この日のオススメは、ハンバーグのプレートランチ、税込み1,300円。
自家製フォカッチャか、ご飯かをチョイスできます。

羽村市のHanenaka Cafeのハンバーグプレート
ハンバーグのプレートランチ

運ばれて来た料理を見て、美しさに驚愕
写真だと大きさが分かりにくいけれど、かなり大きなお皿に盛られ、ボリュームもあります。

羽村市のHanenaka Cafeの、コーンと生姜の冷製スープ
コーンと生姜の冷製スープ

まずは、スープから。
コーンと生姜の冷製スープです。
裏ごししたトウモロコシのポタージュに、生姜を入れた爽やかな味わい。
真夏にこれを出されたら、唸るしかない美味さですよ。

羽村市のHanenaka Cafeの、ハンバーグ
ハンバーグ

メインのハンバーグ。
これ、見るからに、凄くありませんか!
やや粗挽きのハンバーグは、肉の美味さがアクセントの香辛料で更に引き立つ、熟練の味。

羽村市のHanenaka Cafeの、ハンバーグ

ハンバーグの上には、トマト、ベーコン、2種類のチーズ、そしてアボカド。
ソースは最小限で、素材そのものの美味さを引き立てます。
トマトは近くの日の出町産、なるべく新鮮な食材を使うポリシー。
などと書きつつ、もう一度食べたいけれど、レギュラーメニューではないから、一期一会なのか…

羽村市のHanenaka Cafeの、フォカッチャ
自家製フォカッチャ

ご飯もチョイスできるけれど、やはり、自家製フォカッチャ。

羽村市のHanenaka Cafeの、フォカッチャ

オリーブオイルに浸して、食べます。
噛むごとに、小麦の優しい甘みも楽しめます。

羽村市のHanenaka Cafeの、野菜
羽村市のHanenaka Cafeの、野菜

カボチャ、ジャガイモ、瓜、赤タマネギ、ナス、トマト、ブラックオリーブ、レタス、ニンジン…
温野菜あり、生野菜あり、素材の良さを巧みに活かした腕前に脱帽します。

これで1,300円、大満足ですよ、ホント。
ハンバーグって、色々なところで食べられるけれど、洋食屋さんのともちょっと違うし、ステーキ店のとも異なります。
独特だけれども、無勝手流ではない安心感のある、美味しいハンバーグでした。

無加水のピーチネクター

羽村市のHanenaka Cafeの、ピーチネクター
無加水のピーチエクター

さて、念願のピーチネクター。
水を加えずに桃を煮込み、氷を一緒にミキサーにかけたのだとか。
これは、期待できます。

羽村市のHanenaka Cafeの、ピーチネクター

いや、これは凄い!
濃厚な濃厚な、桃のネクターです。
これを求めていたのです、長年。
感慨ひとしお、かな。
いや、個人的な感想なのは重々承知ですが、全人類的に、相当美味しい筈です。

旅する料理人?

看板もないレストランなのに、とっても美味しい。
どんな方がシェフなのかなと思い、お話を伺ってみました。

「元々は、出張料理人なんですよ」

全国津々浦々、呼ばれたところへ出かける「旅する料理人」。
海外から呼ばれることもある、そうです。
つまり、地球の裏側からでも、食べたい料理なのです。

「色々なことがありました。それこそ、最後の晩餐みたいなのを作ったり…」

羽村市のHanenaka Cafeの、西多摩ボロネーゼ
別の日に頂いた「西多摩ボロネーゼ」。
野菜がタップリで美味しい。
税込み1,000円。

出張料理人ですが、ここ羽村でも「きまぐれや」という名で、夜レストランを開いています。
思うところもあり、ランチも提供し、それが”Hanenaka cafe”。
ダブルネームで、開いているそうです。

羽村市のHanenaka Cafeの、西多摩ボロネーゼ
羽村市のHanenaka Cafeの、西多摩ボロネーゼ

「名前は、地元の人にお世話になっているから、「羽中」の地名をそのまま付けたのです。いや、この辺りの人って、本当に親切なんですよ」

出張して家を開けている時、近所の人が草むしりをしてくれてり、なんてこともあったのだとか。

羽村市のHanenaka Cafeの、アイスチーズケーキ カッサータ
アイスチーズケーキ カッサータ

出張料理人だから、なんでも造れねばなりません。
だから、スイーツもお手の物
“Hanenaka cafe”でも、自家製デザートが頂けます。

羽村市のHanenaka Cafeの、アイスチーズケーキ カッサータ

こちらは、「アイスチーズケーキ カッサーナ」。
ココナッツや干しぶどう入りのチーズケーキを冷凍し、カンパリとグレープフルーツのソースで頂きます。

羽村市のHanenaka Cafeの、アイスチーズケーキ カッサータ

こってり濃厚なチーズケーキに、爽やかなグレープフルーツのソースがよく似合います。
ちなみに税込み400円、安いですよね!

出張料理を手掛けていることもあり、不定休です。
フェイスブックで確認して、出かけるのが吉。
また月曜日は、お休みのことが多いとのこと。
料理は、季節の食材を活かすから、日によって違います。
四季折々、楽しみですね。

インフォメーション

アクセス・営業時間・問い合わせ先

JR青梅線・羽村駅より、徒歩14分
または、羽村駅西口より、羽村コミュニティバス「羽村西コース」にて「奈賀会館」バス停より、徒歩3分
駐車場… 有り

Hanenaka cafe
Webサイト… https://www.facebook.com/Hanenakacafe/(フェイスブック)
営業時間… ランチ 11時~17時 ディナー 完全御予約制
定休日… 不定休 フェイスブックにて要確認
住所… 〒205-0015 東京都羽村市羽中4-8-21
電話… 042-578-0725

近くのオススメスポット

旅する料理人のレストラン、羽村の”Hanenaka cafe”は、地球の反対側から、行く価値あり!

羽村の堰から武蔵阿蘇神社へ、桜の堤を歩く小旅

濃厚にもほどがある、羽村・煮干乃宴の、極旨煮干しラーメン

【2020年9月オープン】北海道で修行した、本場みそラーメン、羽村の「らーめん ななと」

お好みチョイスで「マイ天ざる」、羽村の河邊の、挽きたて蕎麦

羽村の「クルマル リラック」絶品ロールケーキを、福島屋で買う理由

青梅の大井戸、羽村のまいまいず井戸、「グルグルな井戸」を巡る小旅

イチヤクソウ咲く、古刹と草木丘陵を巡る、里山歩き

【’20.7月オープン】リンゴ農家の娘さんが始めた、ジェラート店、羽村の「ポムジェラート」