吉野梅郷梅まつりレポート。初日から、満開?

いよいよ2月23日、吉野梅郷梅まつりが、開催。
早速、梅見に行ってきました。
暖冬の今年は、早くも満開、との噂も。
現地の様子をお伝えします!

吉野梅郷梅まつりとは

苦難を乗り越えて

青梅市の梅郷地区で開催される、梅まつりです。
関東でも有数のそれは見事な梅園でしたが、11年前、プラムボックスウイルスの影響で伐採。
しかし、4年前に再植栽を始め、毎年、梅まつりが開催されます。

開催日時・場所

日時… 2020年2月23日(日・祭)〜3月22日(日)
場所… 東京都青梅市、梅の公園を中心に開催

<梅の公園>
東京都青梅市梅郷4-527

開園時間

開園時間… 9:00~17:00
料金… 無料

アクセス

交通… JR青梅線 日向和田駅より、徒歩15分
※梅まつり期間中は「ホリデー快速おくたま号」2・3・4・5号が日向和田駅に臨時停車
JR東日本八王子支社
駐車場…有り
※梅まつり開催期間は、混み合う可能性が高いので、公共交通機関がオススメ!

梅の咲き具合は?

早咲きの梅は、満開!

論より証拠、で写真をご覧あれ。

まだつぼみの木もありましたが、半分以上の木は、花を付けているのでは。
かなり、早めです。

東屋には、梅かざりも満開!

地元の小学生などが、梅林の再生を願って創った、「梅かざり」。
梅の公園内の東屋に、飾られています。

晴れた日ならば、公園の高台から、町が見下ろせます。
運が良ければ、青梅線も電車も見えますよ。

なぜか、水仙

ロウバイもまだまだ咲いています

お祭りモードに

梅の公園近くには、縁日の出店も。
お祭りムードですね。
テキ屋さんも、みんなマスクしているのは、時節柄なのでしょう。
3月に入ると、イベントも開催されます。
ちなみに、梅の公園前の茶店「舞花」さんは焼きそばが190円でした。
朝早くだっったから、食べれなかった。。

岩割の梅も、足を運んで!

岩の上から、山を眺める

岩割の梅の、岩の上から山を眺める

せっかくなので、岩割の梅も行ってみました。
個人の方が、お庭を開放しています。
梅、ロウバイ、ミツマタなどの木が植栽されています。

ちょうど、庭のオーナーがいらっしゃって、
「庭にある岩に登ると眺めが良いよ」とのこと。
登ってみると、庭越しに遠くの山まで見渡せます。

福寿草も満開!

お庭には、花も植えられていました。
今の季節だと、福寿草が満開。
手入れが良いのか、とても綺麗でした。

アクセス

青梅市梅郷6-1287
交通… JR青梅線 石神前駅より徒歩10分
駐車場… 無し

開園時間・料金

開園時間… 民有地のため、常識の範囲内で
料金… 無料

コースマップ

梅の公園と、岩割の梅を結ぶコースです。
途中、見学や休憩を挟むと、半日コースですかね。
3月に入ると、混みそうなので、早咲きを楽しめる今年は、2月中が良いかも。

日向和田駅 …〈15分〉 … 梅の公園 …〈15分〉 … 岩割の梅…〈25分〉 … 石神前駅
ー計55分ー

近くのオススメスポット

問い合わせ先

青梅市観光協会
https://www.omekanko.gr.jp/