吉野梅郷から、ハナネコノメの咲く滝へ、日の出山・花の旅

奥多摩山地の東端の、日の出山。
日の出町側の白岩の滝に下山すれば、ハナネコノメが咲いています。
プロローグとエピローグが花咲く日の出山、春ならではの山旅が楽しめます。

吉野梅郷から、日の出山へ

梅見を楽しみつつ、登山口へ

吉野梅郷の、梅

まずは、日向和田から吉野梅郷へ。
春は寄り道したほうが、良いでしょう。
朝早くだと、露をまとった梅が見られるかも。

日の出山・日向和田の登山口
登山口

梅郷から少し奥へ入ると、小さな鳥居があります。
ここが、日の出山の登山口です。

森の尾根道から、山頂へ

日の出山・登山道の、森の光芒
振り返れば、光の光芒が

東斜面の尾根道を、ひたすら登ります。
朝早ければ、写真のような光景も見られます。
いや、運が良ければ、ですが。

日の出山・登山道の、琴平神社
琴平神社
日の出山・登山道の、琴平神社からの絶景
神社からの眺め

尾根を登り続けると、やがて琴平神社(金毘羅神社)に到着します。
東側・東京都心方面の展望が利く、気持ちの良い場所。
目を凝らすと、東京スカイツリーも見えますよ!

三宝山を超え、さらに登ると林道に出れば、梅ノ木峠。
舗装道路を少し歩き、電波塔の下の山道へ入ります。
少々、南斜面の巻道を歩きますが、やがて尾根に戻ります。
尾根を登りきれば、日の出山の山頂です!

日の出山・登山道の、山頂付近
最後の急登
日の出山・山頂の標識
日の出山山頂
日の出山・頂上から、御嶽神社の展望
御嶽神社も手に取るように、見える

山頂には東屋があり、雨の日でも休憩できます。
展望が良いので、暫しノンビリしたい場所です。

日の出山・頂上の山座盤
レリーフ状の、妙に凝った山座盤がある

日の出山から、白岩の滝へ

日の出山・登山道の分岐・標識

山頂から南東方向の、金毘羅尾根方面へ下ります。
滝本からつるつる温泉へ下る道を分け、さらに上養沢への道を分けます。
麻生山へ登る手前で、白岩の滝へ下る道となります。

日の出山・登山道の、雑木林

雑木林の明るい道もあり、やがて沢筋の道となります。
沢筋をどんどん下ると、林道に出ます。
ここから、白岩の滝へ直接下るルートは、2019年の台風で登山道が崩落しました。
2020年3月現在、通行が困難です。

ですので、林道を下り、少し引き返し、白岩の滝を見るのが無難でしょう。

日の出山・登山道の、崩落現場
崩落した登山道

ちなみに、崩落は1ヶ所のみ。
歩いて歩けないことはありませんが、やはり、危ないので林道を歩いたほうが、良いでしょう。

白岩の滝で、ネコノメソウ

日の出山、白岩の滝
白岩の滝

林道を下ると、白岩の滝への遊歩道の入口に出ます。
沢沿いの道を登ると、白岩の滝へ到着。
白岩の滝は、落差15m。
春の季節は、滝の横の椿も花咲かせます。

日の出山、白岩の滝と、椿
椿の散り花

滝の展望台や遊歩道には、ネコノメソウが咲きます。
小さいので、見逃しそうですが、よく見ると結構あります。

日の出山、白岩の滝のネコノメソウ
斜面に咲く、ネコノメソウ
日の出山、白岩の滝のネコノメソウ
河原に咲く、ネコノメソウ

滝見物が終わったら、来た道を引き返します。
白岩の滝入口から、林道を下りるとバス停。
バスで、武蔵五日市駅へ出ます。

インフォメーション

アクセス

吉野梅郷登山口
JR青梅線・日向和田駅より、徒歩で登山口へ

白岩の滝登山口
西東京バス「白岩滝」バス停より「武蔵五日市駅」行にて、JR五日市線・武蔵五日市駅へ

登山地図

日の出山・登山地図
電⼦地形図(国⼟地理院)を加⼯して作成

日向和田駅 …〈20分〉 … 吉野梅郷…〈5分〉… 登山口 …
〈1時間〉… 琴平神社 …〈1時間〉… 梅野木峠 …〈1時間〉… 日の出山 …〈40分〉… 下山道分岐 …〈30分〉… 迂回林道 …〈1時間〉… 白岩の滝入口 …〈15分〉… 白岩の滝 …〈30分〉… 白岩滝バス停
ー計6時間20分ー

問い合わせ先

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html

御岳ビジターセンター
https://www.ces-net.jp/mitakevc/index.html

青梅市観光協会
https://www.omekanko.gr.jp/

日の出町観光協会
https://www.hinodekanko.jp/

近くのオススメスポット