近所の公園に、絶滅危惧種のキンラン?青梅市・大塚山公園〜永山丘陵を散策

青梅市郊外の、大塚山公園・永山丘陵。
駅から近いのに、雑木林が残るエリアです。
例年、ゴールデンウィーク前後は、絶滅危惧種の野生ラン・キンランやササバギンランも咲きます。
散歩気分で、気軽な森林浴が楽しめますよ。

身近な里山で、春の花を楽しむ

駅から近い、森を活かした、大塚山公園

大塚山公園

大塚山公園は、小さな山全体が児童公園、という起伏のとんでいます。
周りと比べて30mほどの、小高い山は雑木林もあり、自然豊かなです。
JR青梅線・東青梅駅から10分弱、坂道を登り、公園の敷地へ。

児童公園でもあり、近所の子供が駆け回っています。
春は、植栽のツツジが綺麗ですよ。

見晴らしの良いベンチの上に、藤棚。

山の頂上付近は、水道局の施設です。
その周りが、雑木林。

森を歩くと、ウツギの花。

公園北側には、霞川が流れています。
護岸しているから、情緒ある雰囲気ではありませんが、川の水はたしかに綺麗です。

川岸には、小さな白い、ニョイスミレが、たくさん群生しています。

絶滅危惧種のキンラン

キンラン

春になると、大塚山公園には、キンランが咲きます。
環境庁のレッドデータブックでは、絶滅危惧種。
かなり、希少な植物です。

クローズアップすると、ラン科特有の優雅な花。

大塚山公園のキンランは、地元の有志が植生しました。
キンランは、公園の西側の「青梅の森」でも咲き、元々は自生していたとしても、不思議はありません。

大塚山公園から、青梅の森を経て永山公園へ

青梅の森

せっかくなので、「青梅の森」を散策し、永山公園を抜け、青梅駅まで散策します。
丘陵の山ですが、近所の人以外、ほぼ居ないエリアで、「三密」を避けての運動不足解消には良いかも…

青梅の森 登山口

「青梅の森」登山口は、やや分かりにくい場所です。
セブン-イレブンのある「青梅四小」交差点のほんの少し北から、小さな路地を西に登ります。
ジグザグに住宅地を抜けると、入口に道標があります。

ニリンソウ

登山口近くのニリンソウも、そろそろ終盤、多少傷みも。
青梅市内では、雑草にまじり、川沿いで多く見かけますが、野草愛好家・垂涎の花なのですよ。

チゴユリ

林床には、チゴユリも。
この花は、やや緑がかって、森の中では、目立たないです。
でもなぜか、写真映りは良いチャーミングな花ですね。

気持ちの良い雑木林を、ノンビリ歩きます。
行き交う人は少なけれど、半分くらいは、地元民の犬の散歩かな?

青梅の森、そして永山丘陵には、キンランが自生しています。
自生地をお伝えしたいのは、ヤマヤマですが…
最近、盗掘が多く、迂闊に載せれないので、ご容赦ください。
野生ランとしては、目立つ花なので、開花時期に近くを通れば、見つけれるでしょう。

風の子・太陽の広場

「青梅の森」内は、道標が整備されています。
道標に従い、永山丘陵方面へ向います。
永山丘陵から青梅駅へは、いくつかルートがありますが、「風の子・太陽の広場」を抜けると、変化に富んで面白いでしょう。

風の子・太陽の広場のトイレ

「風の子・太陽の広場」には、やたらと立派なトイレがあります。
実はここ、キャンプ場なのですね。
事前に、市役所の窓口で申請・使用料を支払う面倒くさい仕組み。
学校や子供会の行事などはともかく、一般の人は殆どここで、キャンプなどしないでしょう。
実際、見たことがありません(笑)
逆に言えば超穴場、かもしれません。
(2021年5月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、受け付け中止)

ヤエヤマブキ

キャンプ場近くは、公園風に整備されています。
植栽のヤマブキが八重で、山の中らしくありませんが、綺麗といえば綺麗。

ササバギンラン

永山丘陵には、ササバギンランも自生しています。
こちらも、盗掘が多く、詳細が書けませんが…
キンランよりも目立たないから、ノンビリ歩いて探しましょう。

広場から、永山丘陵の主稜線に登り返します。
グラウンドの脇を下り、跨線橋を渡って、右折すると青梅駅。

青梅の「夏への扉」、このカフェを名店と呼ばずして、なんと言おうか

青梅線の小さな跨線橋手前に、名物カフェの「夏への扉」があります。
コーヒーも美味いし、カレーも美味い。
自家製ケーキはテイクアウト可能で、逆コースならば、森の中で食べるのも良いでしょう。

青梅宿の老舗・三玉屋の、手打ち「チャシウ」ラーメンは、まほろばの味

跨線橋近くには、昔ながらのラーメンが食べれる三玉屋さんもあります。
戦前の創業、90年近くの歴史があるラーメン店。
食べごたえのある「チャシウメン」がイチオシ。
定休日が多く、開いていたらラッキー、是非どうぞ。

インフォメーション

マップ

JR青梅線・東青梅駅 …〈10分〉… 大塚山公園 …〈10分〉… … 青梅の森・四小登山口…〈50分〉… 風の子・太陽の広場 …〈30分〉…  JR青梅線・青梅駅
ー計1時間40分ー

コースの状況

  • 大塚山公園内、青梅の森入口、風の子・太陽の広場からの登り返しに、多少の登道がある程度で、比較的平坦なルート
  • 東青梅駅北口、大塚山公園、風の子・太陽の広場、青梅駅前にトイレあり。

近くのオススメスポット

隠れ家的、というか、本当に隠れている蕎麦の名店、東青梅の「雲水」

シンプルは旨し、東青梅・福助の半チャンラーメン

古き佳き蕎麦屋の面影残る、東青梅の「大むら」

中はトロトロ、古き佳き青梅の味わい、カフェ・ド・クラージュのオムライス

青梅・駅チカのカフェ「D/W COFFEE」は、ランチも美味い?

梅満開!青梅・住吉神社の、駅チカ梅見を楽しむ!

永山丘陵から、青梅草咲く栗平へ、春をめぐるトレッキング

成木から、旧吹上トンネルへ、「青梅中央アルプス・裏銀座」なる、道を歩く

上成木・表参道から登る、高水三山