帯広?秩父?いえ、東京・福生の増田家にも、絶品豚丼が!

福生駅から徒歩9分の豚みそ丼専門店・増田家。
西多摩では珍しい、美味い豚丼が食べられるお店です。
2日間味噌に漬け込んだ豚肉を、炭火で焼いた本格派。
東京で、本格的な豚丼をどうぞ!

ふっくらジューシーな、炭火焼きの豚みそ丼

豚みそ丼を極めた専門店が、福生にあった!

福生市・豚みそ丼専門店 増田家

福生駅東口から、やなぎ通りを羽村方面へ。東京都内でも珍しい、豚みそ丼専門店・増田家が右手にあります。

豚丼、といえば、北海道・十勝地方の帯広が有名です。
日本での本格的な養豚は、明治時代。北海道でも開梱者により、盛んとなります。寒い地方ゆえ、良質な豚肉の脂肪は、重宝されてといいます。
帯広の豚丼は、手軽に食べられる豚肉料理として考案され、人気を博します。

一方、埼玉県・秩父地方では、古くから、猪肉を味噌漬けしていました。冷蔵・冷凍技術のない時代、山の猟師が肉を保存する方法を編み出していたのですね。
帯広由来の豚丼を、味噌漬けにアレンジし、豚みそ丼として、郷土料理へ発展しました。

増田家の豚みそ丼は、その発展系といえます。
もっと、美味しい豚みそ丼をと、ふっくらとした食感をもとめ、研究を重ねた逸品。味噌の調合も、工夫を重ねました。

「豚肉は、特製味噌に二日間漬け込んでいます」
と、店主さん。
それを、炭火で香ばしく焼き上げます。
ちなみに店主は、元々はラーメン屋さんに勤務していた、とのこと。
その傍ら、8年かけて、豚みそ丼のレシピを研究、晴れてこの地に専門店を、オープン。

8年という歳月って、変な例えですが、小学校へ入学してから、中学卒業ちょっと手前に相当。その一途な豚みそ丼、食べてみたくありませんか?

主なメニュー

  • 豚みそ丼… 小700円 並900円 大1,100円
  • 豚しお丼… 小700円 並900円 大1,100円
  • 牛サーロイン定食… 1,100円
  • ローストビーフ丼… 並1,000円 大1,200円

価格は税込みです。
豚丼のボリュームが三段階なのが、良いですね。イチオシの豚みそ丼の他に、サッパリ系の豚しお丼、ローストビーフ丼もあります。

絶品・豚みそ丼を食す

イチオシの豚みそ丼・並をオーダー。

見よ、この肉のボリューム!
丼の縁を利用しなければ、載せられない量です。

豚肉は、ロースとバラ肉。柔らかく、ジューシー。
味噌に漬け込むと、これほど口当たりが良くなるとは、ちょっと驚き!
味噌の深い味わいと、肉本来のジューシーな旨味が、口いっぱいに広がります。

脂身も美味い!

「炭火で余分な脂を落とすから、バラでも意外とサッパリしていますよ」
なるほど、ボリュームたっぷりですが、これならいくらでも食べられそう。

豚肉の真ん中には、ネギ。良いアクセントですね。

食卓には、山椒と七味唐辛子。
個人的には、山椒のほうがより、豚肉と合うかなと。
豚肉の風味と、山椒の鼻に抜ける香りが絶妙。

タレが染み込んだ、ご飯。香ばしい香りで、これだけでも良いかなと思える気分?

季節の旬を活かした味噌汁。この日は、ニラと油揚げでした。
味噌にこだわるお店だけあり、美味しいですね。

箸休めの、サッパリとした漬物も嬉しいですね。

東京でも珍しい、豚みそ丼の専門店、増田家。
都内で気軽に、絶品豚みそ丼が食べれれるのは、魅力的ですね。
秩父の有名店と比べても遜色がない、いやそれ以上の実力店といっても過言はありません。
是非、足を運んでみては如何ですか?

インフォメーション

アクセス・営業案内

JR青梅線・福生駅より、徒歩8分
駐車場… あり

●豚みそ丼専門店 増田家
Webサイト… https://www.masudaya2019.com
営業時間…
[昼の部]火〜土曜日 11:30~14:30 日曜日 11:00~15:00
[夜の部]水・木・金・土曜日 17:30~20:30
定休日… 毎週月曜日・第3火曜日
住所… 東京都福生市加美平1-6-11
電話… 042-842-3529

近くのオススメスポット