【’21/7月OPEN】渓谷の蕎麦店・あきる野「六花」の絶品手打ち蕎麦

2021年6月にオープンした、あきる野市・養沢渓谷の「六花」。
野趣あるれる渓谷の、小さな蕎麦店です。
メニューは蕎麦のみ。2種類の粉を使った蕎麦を食べ比べる、「そばくらべ」が人気です。

蛍の里の、こだわり蕎麦屋さん

養沢渓谷の小さな、お店

あきる野市西部の養沢渓谷。
秋川の支流で、東京にもかかわらず、自然の色濃い渓谷です。
毎年6〜7月にかけては、蛍も見られます。

養沢川の蛍

東京・あきる野で、蛍の夜なべ!養沢川の、ゲンジボタルを鑑賞

また、渓谷沿いにある徳雲院は、梅の名所。春の時期は、色とりどりの梅が花咲かせます。

梅に包まれた山間の禅寺、あきる野の徳雲院

その養沢渓谷の上流に、2021年6月、手打ちそば「六花」がオープン。

養沢の集落

運動不足解消も兼ね、自転車で訪ねてみました。
駐車場もあるし、少ないながらバスの便もありますが、山間の道を自転車で走るのも中々良いです。
さほど急坂もないので、ツーリング向きの道です。ちなみに、最寄りの武蔵五日市駅近くには、レンタサイクルもあります。

養沢センター

武蔵五日市駅から7km強、渓谷を往くと右手に公営の研修施設「養沢センター」。

養沢センターの一角に、今回お目当ての「六花」のお店があります。
土日のみの営業、簡易なお店ですが、逆にバイクツーリングや登山の人は入りやすいでしょうね。

すだれのかかる屋台、山間の蕎麦屋さんらしい雰囲気です。
すだれにメニューがありますが、なんと2種類のみ。

  • もりそば… 700円
  • そばくらべ二枚… 1,000円

つまり、蕎麦以外はなく、この清さが素晴らしい!

蕎麦は十割の手打ち。
お店の裏に道具があり、打ち立てが楽しめます。
山間で水も良さそう、これは、期待が高まります!

「そばくらべ」で2種類の蕎麦を

ここは、やはり「そばくらべ」でしょう。
他のお客さんも「そばくらべ」をオーダー。山里のこのお店は「わざわざ」行く人が殆ど、せっかくならば「そばくらべ」食べますよね。

「そばくらべ」は、2ヶ所の産地の蕎麦粉で打った蕎麦を食べ比べ。
今回は、福井産と会津産とのこと。果たして、違いが分かるか、楽しみです!

まずは、福井産を頂きます。10割ですが、コシがあります!

「昔は、10割だとボソボソなんていわれていましたけれどね、打ち方を工夫すればコシがでます」
と店主の方。
なるほど、その通りで、10割ならではの香りと両立しています。

蕎麦は、いわゆる蕎麦の星 (表面の黒い点々)がありません。
蕎麦殻を丁寧に取り除き、蕎麦粉にしている「丸抜き」の蕎麦。
上品で洗練されたのどごしの良い蕎麦、ですね。
もっとも、殻を入れる田舎風の蕎麦もまた美味く、製粉で様々な味が楽しめるのが、蕎麦の魅力ですね。

薬味は、ネギとおろし大根。

汁はやや濃口、醤油は五日市のキッコーゴー(近藤醸造)、とのことです。

五日市の近藤醸造

1年かけて醸造しガラス瓶で販売している醤油は、逸品です。
旧五日市街沿いに、直売所もあるので、蕎麦を食べた帰りに、是非、寄り道を。

2枚めは、会津産。
蕎麦の香り、というか味が濃厚です。
食べ比べではなければ、気が付かないかもしれませんが、確かに味が違います。

会津産も丸抜き。コシもあり、香りも良い美味しい蕎麦ですね。
最後は蕎麦湯で〆て、大満足な蕎麦の小旅でした。

インフォメーション

アクセス・営業案内

JR五日市線・武蔵五日市駅より、西東京バス「上養沢」行にて、「海入道」バス停下車、徒歩1分
駐車場… あり

●六花
営業時間… 11:30〜15:30(売り切れ次第、店じまい)
営業日… 土・日曜日
住所… 東京都あきる野市養沢290−1


●近藤醸造直売所(キッコーゴー醤油)
Webサイト… https://www.kondojozo.com
営業時間…9:00~17:00
営業日… 年末年始を除く毎日
住所… 東京都あきる野市山田733-1
電話… 042-595-1212

近くのオススメスポット

美味い蕎麦を、格式ある屋敷で!老舗製麺店経営の、寿庵忠左衛門

ほぼ駅前、武蔵五日市の老舗蕎麦店・柳屋のランチが、お得で美味い

自家栽培の小麦粉でうどんを!あきる野・五日市の初後亭

あきる野「ひらの」の、平打ち・自家製麺蕎麦は、食べるべき逸品

あきる野の乙津で、50年作り続ける、十勝小豆の「乙訓おやき店」

40年の歴史は、伊達じゃない!あきる野・五日市の「洋食キッチン シオン」

「下田さん家の豚」が旨い、武蔵五日市「とんとん」の豚丼

多摩産・のらぼう菜の生パスタ、五日市イタリアン・クイント

セリバオウレンと早咲き梅、2月のあきる野・小峰公園を散策

秋を彩るイチョウの巨木、あきる野・広徳寺の秋

御岳山から大滝へ、森と神社と滝を巡る、大岳山登山

明治の洋館、小机邸・安居は、五日市の「隠れ家」カフェ