梅雨だからこそ、歩きたい!青梅の森と永山丘陵が、幻想的な美しさ

梅雨時期は、どうしても億劫になりがち。
でも、森が一番美しい季節、でもあります。
気軽に歩ける「青梅の森」から永山丘陵付近の里山。
運が良ければ、霧の幻想的な光景が広がります。

梅雨のあとさきの、青梅の里山

青梅は、霧が発生しやすい?

青梅の森・霧の風景

朝起きると窓の外が、霧で真っ白。
筆者は、都区内から青梅へ引っ越しましたが、青梅は霧の日が多い印象です。

調べてみると、2020年、青梅で濃霧注意報が発令されたのは31回。
特別警報・警報・注意報データベース
ちなみに東京23区では28回、思ったほど違いません…
感覚的には圧倒的に、霧が多い気がするのですがね。

それはともかく…
自動車の運転などは厄介ですが、霧の森はとても美しい!
指導標の整備された里山ならば、比較的安全に楽しめます。

青梅の森から、永山丘陵へ

青梅の森・四小口・入り口
青梅の森・登山口

JR青梅線・東青梅駅北口から、天寧寺坂通りを北へ歩きます。
途中、セブン-イレブンのある交差点の少し先から左へ登り、さらに三叉路を左へ。
少し歩くと「青梅の森」の指導標のある狭い道を右に曲がり、少々登ると登山口があります。

青梅の森・霧の雑木林
青梅の森

青梅で霧の出やすい時期は、3月から7月にかけて。
一度歩くと虜になりますが、霧の森は幻想的で美しいです。
東山魁夷の絵のような光景が、広がります。

青梅の森・ウツギの散り花

エゴノキの花でしょうか、春先に咲く花も散り、土へ還ります。

青梅の森・霧の風景

里の近い山で道も整備されているとはいえ…
霧が濃いと、現在地を見失うこともあります。
出来れば、夕方は避けたほうが良いでしょう。
刻々と暗くなる日暮れ時は、焦りがちになります。

青梅の森・霧の雑木林

要所にある指導標に従い、「永山公園」方面へ。
沢の源流を廻り込むように、道は曲がります。

青梅の森・展望台・霧の森

途中、展望台の近くを通ります。
視界20mくらいでしょうか、何も見えません…

青梅の森・展望台からの日の出
展望台からの日の出(12月)

ちなみに天気が良ければ、東京スカイツリーも、ご来光も見えるスポットです。

青梅の森・森の木の新緑の葉

展望台付近は、真下は沢の源流部。
霧の溜まりやすい地形です。

青梅の森・霧の道

一寸先は、霧の中。

青梅の森・霧の風景・枯れ木

普段は目もくれない、枯れ木も美しい…

第一展望台付近の森

しばらく歩くと、永山丘陵の第二休憩所の下に出ます。
左へ曲がり、少し歩くと、第一休憩所。
永山丘陵は、霧の日でも意外と歩く人と出会います。
近所の人の、定番散歩コースなのですよね。

青梅・永山丘陵・コアジサイ
コアジサイ
青梅・永山丘陵・シロバナコアジサイ
シロバナコアジサイ

アジサイも、咲き始めました。
2021年は、早いですね。
青梅駅まではいくつか道がありますが、今回はグラウンドを通って下りましょう。

公園の植樹近くは、苔が綺麗です。
季節外れのモミジの枯れ葉も、散っていました。

マルバウツギ

マルバウツギも終盤ですが、まだまだキレイ。
グラウンドから更に下り、車道を右に曲がり、青梅線の跨線橋を渡ります。
少し歩いて、西に曲がれば青梅駅へ到着します。

インフォメーション

マップ

電⼦地形図(国⼟地理院)を加⼯して作成

JR青梅線・東青梅駅 …〈15分〉… 青梅の森・四小登山口…〈50分〉… 第二休憩所下 …〈30分〉…  JR青梅線・青梅駅
ー計1時間35分ー

コースの状況

  • 青梅の森入口、風の子・太陽の広場からの登り返しに、多少の登道がある程度で、比較的平坦なルート
  • 東青梅駅北口、グラウンド、青梅駅前にトイレあり。
  • 霧の日は濡れやすいので、雨具、滑らない靴で。
  • 霧で方向を見失わないように注意。スマホのGPS地図アプリがあると、心強い。

近くのオススメスポット

古き佳き蕎麦屋の面影残る、東青梅の「大むら」

中はトロトロ、古き佳き青梅の味わい、カフェ・ド・クラージュのオムライス

青梅・駅チカのカフェ「D/W COFFEE」は、ランチも美味い?

梅満開!青梅・住吉神社の、駅チカ梅見を楽しむ!

永山丘陵から、青梅草咲く栗平へ、春をめぐるトレッキング

成木から、旧吹上トンネルへ、「青梅中央アルプス・裏銀座」なる、道を歩く

上成木・表参道から登る、高水三山