【青梅で初日の出・後編】手軽に初日の出・永山公園と下奥多摩橋

手軽に初日の出を、楽しみたい…
でも、予約したり、泊りがけで出かけるのは、面倒。
都内でも、早起きすれば、初日の出を楽しめるスポットが青梅です。
天気を読み出かけられるのも、ポイント。
また、近くに神社やお寺もあるので、初詣も楽しめます。

●予約も不要で、サクッと行ける、初日の出ポイント

手軽な里山でご来光、富士山も魅力の、永山公園

青梅・永山公園
永山公園の道

JR青梅線・青梅駅から、徒歩15分の永山公園。
公園から、緩やかな道を歩くと、東に開けた展望台があり、ご来光が望めます。
手軽ながら、中々、ダイナミックの光景です。
より本格的な山でご来光を、という方は、御岳山で…

青梅駅を降り、線路と並行する道を東を進みます。
左に折れ、跨線橋を渡り、桜見本園の前を通ります。

青梅市・永山公園・桜見本園
桜見本園

坂道を登りきると、青梅鉄道公園前。
ここを、左に曲がると永山公園・青梅丘陵ハイキングコースです。

西に進むと、公園の道を進むと第二休憩所の下に出ます。
「青梅の森」の指導標に従い、右の道に入ります。

青梅市・永山公園・展望台からの日の出
永山公園からの日の出

程なく右側に、ほんの少し小高くなった、展望台があります。
ここから、初日の出が望めます。
元旦は、地元の人も集まる、穴場的スポットです。

青梅市・永山公園からの日の出

ススキの原の、ある見晴らしの良い展望台。
都心も見渡せ、晴れていれば、スカイツリーも見えます。

青梅市・永山公園の森と日の出
木の間からも、日の出

展望台からの光景も魅力ですが、自然のの残る里山、木々の間からの朝日もまた素晴らしいです。

青梅市・永山公園からの富士山
永山公園からの富士山

来た道を戻り、青梅駅方面へ。
途中、富士山の見える、スポットがあります。
ここの冬富士は、頂上付近の白い部分のみで、何となく愛嬌があり、微笑ましいです。

金毘羅神社

富士山スポットの少し先には、金毘羅神社。
「こんぴらさん」と言えば海の神様ですが、山の街・青梅にあるのが面白いですね。

青梅は江戸時代、機織りの町として栄えました。
縦の糸は絹、横の糸は木綿、中島みゆきではありませんが…
織りなす布は、正絹が手に届かない庶民の間で流行し、かなりの財を蓄えた商屋もありました。
金比羅山があるのも、機織りを運ぶ海運の安全祈願のため、と云われています。
山で海の神様に参拝、一挙両得で縁起が良いですね。

青梅市・永山公園からの、御岳山

境内から、御岳山方面も望まれます。
参拝を済ませたら、青梅駅へ。
駅の近くには、住吉神社もあるので、時間が許せばこちらも参拝すると良いでしょう。

●永山公園(青梅丘陵)
JR青梅線・青梅駅より、徒歩15分

青梅市・永山公園地図
電⼦地形図(国⼟地理院)を加⼯して作成

青梅駅 …〈10分〉… 桜見本園 …〈5分〉… 青梅丘陵入口 …〈15分〉 … 富士山展望台 …〈5分〉… 青梅の森入口 …〈5分〉…展望台 …〈35分〉… 青梅駅
ー計1時間15分ー

多摩川でご来光を望む、下奥多摩橋

青梅市・下奥多摩橋からの、日の出
下奥多摩橋から日の出

もう1ヶ所は、更にお手軽なスポット。
多摩川に架かる、下奥多摩橋からの初日の出です。

青梅市・下奥多摩橋からの、日の出
歩道が完全に分離して安全!

都道45号線の下奥多摩橋は、歩道が完全に分離され、安全に初日の出が楽しめます。
駅から15分弱。
近くにはイートインを備えたコンビニもあり、まさにコンビニ日の出スポット。
とはいえ、多摩川のこの辺りまで遡ると、水もキレイです。
水面が紅く染まる初日の出もまた、乙なもの。

青梅市・下奥多摩橋からの、日の出

多摩川の岸には、木々も。

青梅市・下奥多摩橋から大岳山・御岳山
下奥多摩橋から大岳山・御岳山

橋の西側からは、奥多摩の山々が、朝日を浴び、紅くなります。
多摩川は、羽村辺りでだんだん谷が深まります。
この付近は、市街地との標高差が40mほど、山の玄関口のような地形なのです。

初詣は、東青梅駅の北側となりますが、勝沼神社が宜しいかと。
京都・伏見稲荷大社の、千本鳥居のような、鳥居もある由緒ある神社です。

●下奥多摩橋
JR青梅線・東青梅駅より徒歩13分

●お役立ち情報

問い合わせ先

●青梅市観光協会
https://www.omekanko.gr.jp/

●青梅市
https://www.city.ome.tokyo.jp/

付近の朝食スポット