青梅+横浜=梅浜亭?青梅で食べる、横浜家系ラーメン

青梅市・河辺の「梅浜亭」。
豚骨醤油と太麺が特徴の、いわゆる家系ラーメン店です。
昼時は、行列も出来る人気店。
青梅で食べる、横浜家系ラーメンは、果たしてどんな味?

意外とさっぱり?青梅の家系ラーメン

家系ラーメンは、ロードサイドにある?

青梅市・河辺の、梅浜亭

青梅市・河辺の奥多摩街道(都道29号線)。
立川と青梅を結ぶ道に、梅浜亭はあります。
いわゆる、横浜発祥の家系ラーメン。
いつから全国区になったのか、多摩地区でもよく見かけます。

豚骨醤油ベースのスープと太麺の組み合わせは、ガッツリ食べたい向けなのでしょうか…
家系ラーメンは、ロードサイドに多い気がします。
梅浜亭もロードサイドですが、チェーン系(資本系)のお店とは違い、やや小ぢんまりしています。

昼時は、行列することも多い人気店、店前には椅子も。
観察すると、女性客も多いことに気が付きます。
決して、ガテン系専門ではないのですよね。

青梅市・河辺の、梅浜亭

店内は、カウンター席のみ。
厨房には、大きな寸胴鍋で麺やスープを仕込んでいます。
否が応でも、食欲をそそります。

主なメニュー

  • ラーメン…650円
  • のりラーメン…700円
  • キャベツラーメン…800円
  • チャーシューメン…1,000円
  • キャベツチャーシューメン…1,000円
  • 辛味味噌ラーメン… 750円
  • ネギ辛味味噌ラーメン… 900円
  • 餃子…400円
  • ネギチャーシュー丼(ミニ)… 200円
  • ニラ・もやし・コーン・半熟味玉・うずら玉子・メンマ… 各100円

価格は税込みです。
ラーメンと、辛味噌ラーメンが基本で、トッピングのバリエーションがあります。
うずら玉子は、ラーメン店としては珍しいですね。

納得の、のりラーメン

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、のりラーメン
梅浜亭の、のりラーメン

のりラーメンをオーダー。
10分程度で着丼、手際良いです。
のりは7枚くらい?
プラス50円で、こんなに付いてくるのが、驚きです。

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、のりラーメン

オイリーなスープですが、意外とさっぱりしています。
油が、良質なのでしょうね。
豚骨、鶏ガラと、コクのある美味しいスープ。
女性客に人気があるのも、頷けます。

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、麺

麺は太麺。
オーダー時に、固さの指定も出来ます。

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、麺

スープに負けない、コシの強い麺。
ワイルドな旨さです。

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、ニンニク
青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、ニラの辛味味噌

テーブルには、おろしニンニクと、ニラの辛味をお好みで。
ニンニクを投入すると、スープがグ〜ンと深まる、というか引き締まります。
少しずつ投入して、スープに変化を付け、楽しむのも乙。

青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、チャーシュー
青梅市・河辺のラーメン店、梅浜亭の、ほうれん草

チャーシューは、やや赤身のあるホロホロ系が1枚。
スープに浸しても、そのままでも美味しいです。
また、青菜も入っています。

そして、大量の海苔。
スープに浸しても溶けない、丈夫な?海苔。
これだけ海苔を一度に食べるのって、珍しいかも。
スープの脂とさっぱりした海苔が、良く似合います。

店名の由来をお聞きすると、青梅と横浜で、「梅浜亭」。
梅と横は、似てるから、最近まで「横浜亭」だと思っていました(笑)
おそらくは、東京最西端、最北端の家系ラーメンですかね?

醤油豚骨系ですが、意外とさっぱりして、食べやすいラーメンでした。
家系ラーメンを西多摩で食べられる、オススメしたいお店です。
なお、夜は17時に閉店、お時間に気をつけて。

インフォメーション

アクセス

JR青梅線・河辺駅より、徒歩15分
駐車場… あり

営業時間

営業時間… 11:00~17:00
定休日… 月、日曜日

問い合わせ先

梅浜亭
住所… 東京都青梅市河辺町6-12-8
電話… 0428-25-3041

近くのオススメスポット