名前からしてナゾ、青梅の「立川マシマシ秘密工場」で、マシライスを食べるの巻

青梅市・河辺の、「立川マシマシ秘密工場」。
街を歩き、看板を観て、なんじゃコレと。
どうやら、ラーメン屋さんのようですが…
また、メニューに「マシライス」とのナゾメニューもあります。
これは、秘密工場に潜入し、ナゾを解き明かすしか、あるまい…

●中毒性のある、謎のマシライスを食す

マシマシ秘密工場とは、何ぞや?

青梅の、立川マシマシ秘密工場

JR青梅線・河辺駅近く。
「立川マシマシ秘密工場」とデカデカと書かれた看板があります。
近くには、山みたいに尖った野菜が盛られたラーメンの写真。
いわゆる、二郎インスパイア系のラーメン屋さんみたいですが…

「秘密」のクセに、やたらと自己主張する看板です。
「スパイ」と書かれた、名札を付けているCIAのスパイ、みたいなモノ。
小難しく言えば、自己言及のパラドックスですね、これは。

さて、アジトへ潜入してみましょう。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の自販機のメニュー

入口近くの自販機が、あるスタイルです。
基本メニューは、ラーメン850円、つけ麺950円。
二郎インスパイア系らしく、野菜の量はマシマシできます。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の注意書き

店頭POPで、野菜の量を、写真で説明しています。
むか〜し、二郎で「普通」を食べましたが、これだけ野菜があると、中々麺にたどり着かない(笑)
マシマシで、1.5kg。
反芻動物みたいな胃袋じゃないと、食べきれないかも
なお、
「初めての方はマシ・マシマシはご遠慮下さい」
とのことです。

マシライス、なるもの

二郎系ラーメンの特徴は、濃厚トンコツ醤油スープ、無料トッピングの野菜、厚切りのチャーシュー。
典型的、高カロリー料理です。
齢を取ると、ちょいとキビシイかも。
じゃあ、店に入るなよ、というのはともかく…
謎のマシライスを、オーダーします。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライス

ニンニク付けますか?、と店員さん、付けて貰います。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライス

ご飯は700gまで、無料で増量可能。
400gで、お願いします。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスの肉


さて、マシライスとは…
やや粗挽きの挽き肉の甘辛煮に、ご飯の組み合わせ、です。
生卵が、ドカンと載っています。
具は、ちょっと辛くて、生姜も効いています。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスの脂

よく見ると、脂身も多いです。
甘辛くて脂っこい、あと引く食べ物の典型。
これ、中毒性アリアリです。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスの、ニンニク
青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスの紅生姜

ニンニクと紅生姜の、付け合せ。
これも、中毒性高し。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスの卵

スタミナ丼的に、卵を混ぜます。
甘辛さに、ドロリとした卵、病みつきになる組み合わせ。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスのニンニクのせ

その上にニンニク。
病みつき度が、更にUPします。
これをご飯と一緒に、かき込みます。
ウマいですね、何というか、本能が欲するウマさ。

ご飯と具の割合は、400gで丁度良かったです。
写真だと、ご飯優勢な感じですが、甘辛いから意外と持ちます。

青梅の、立川マシマシ秘密工場の、マシライスのスープ

スープは、ラーメンのスープがベース?
これもウマいですよ、流石です。

謎のマシライス、スタミナ丼や牛丼の中毒性を、更に上げた感じの料理でした。
結構カロリーがあるから、毎日通うのもナンですが…
でも、時折モーレツに食べたくなる味ですね。

アクセス

JR青梅線・河辺駅より、徒歩10分
駐車場… 有り

営業時間

営業日… 平日 11:00-15:00 17:00〜21:30 土・日曜日・祝日… 11:00~16:00
定休日… 無し

問い合わせ先

●立川マシマシ秘密工場
住所… 東京都青梅市河辺町9-5-5
電話… 0428-21-6400

近くのオススメスポット

特集 - Special –

【テイクアウト情報】
飲食店のテイクアウトを特集。主に青梅市内の飲食店を掲載しています。
(2020年5月現在の情報)
ワンコインで食べられるお店も多数掲載!
地図からも探せます!

【ほどいなか】
リモートワーク時代の、程よい田舎暮らしの方法