格安でも美味しい、秋川「もうつぁると」の中華ランチ

秋川駅から徒歩4分ほどの、「もうつぁると」。
店名からは、カフェか何かかと思いきや、中華料理店です。
ここの目玉は、お得なランチ。
本格中華を、格安に食べられます。

●コスパが光る、あきる野の本格中華のランチ

クラシックを聴きながら、中華を食べる不思議

あきる野市、秋川の中華料理店、もうつぁると

あきる野市の中華料理店、「もうつぁると」。
公園の前にありますが、店構えはカフェっぽい感じです。
そもそも、店名が「もうつぁると」ですからね。

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の看板

店頭の看板。
ラーメン模様の服のモーツァルト!
アマデウスよ、君はいつから料理人になったんだい?

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の店内

店内の壁は、楽器の絵?
ウイスキーの樽もあるし、中華料理店っぽくありません。

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の店内のヴァイオリン形の時計

時計もヴァイオリン。
BGMも当然のように、モーツァルトが流れています。
モーツァルト、お好きなのですか、と訊ねたところ、
「モーツァルト、というより、クラシックが好きなんですよ」

主なメニュー

  • スワンラー湯麺(小ライス付)… 900円
  • タンタン麺(小ライス付)… 900円
  • 野菜タンタン… 950円
  • 塩らーめん… 500円
  • らーめん… 650円
  • もうつぁるとらーめん… 850円

価格は税込みです。
店頭に「酸辣湯麺」の銘板があり、「スワンラー湯麺」が名物でしょうか。
塩ラーメンが安いですね。
中華系の、一品料理もあります。

  • キクラゲと玉子の炒め… 800円
  • 豚バラのニンニクソース… 800円
  • キャベツと豚肉のミソ炒め… 900円
  • 麻婆豆腐… 850円
  • エビのチリソース… 1,300円
  • エビ入り餃子… 430円
  • チャーハン… 800円
  • ライス… 150円

エビ入り餃子が、自慢とのこと。
普通の餃子は、メニューにありませんでした。

レギュラーとは別に「本日のランチ」もあります。
訪れた日は、「キャベツと豚肉のミソ炒め」680円です。

ランチの回鍋肉、旨し

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の回鍋肉

事前に聴いたウワサだと、タンタン麺が結構美味いとのこと。
でも、お得感があるのは「本日のランチ」でしょう。
ランチのご飯は、お代わり自由。
これが決め手です(笑)

待つこと10分弱。
回鍋肉とレタスのサラダ、ご飯、スープ、たくわん、そして杏仁豆腐。
彩り鮮やかなランチが、運ばれてきました。

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の回鍋肉

ランチの回鍋肉は、中々のボリュームです。
油通しした豚肉は、厚みもありジューシー。
キャベツもシャキシャキ。
優等生的な回鍋肉です!

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の回鍋肉

甜麺醤がベースのタレ。
甘辛い、病みつきになる、この味は…

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の回鍋肉

鷹の爪がアクセント。
ピリ辛です。
甘辛い回鍋肉って、ご飯が進みます。
もう、無限に食べられる気がします。
結局、2回ほど、お代わりしてしまった(笑)

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」のレタス

副菜に、レタスの細切り。
軽く中華風のドレッシングを、和えています。
これが、予想以上に美味。
野菜って、切り方で随分変わるのですね。

杏仁豆腐も付きています。

あきる野市、秋川の中華料理店、「もうつぁると」の杏仁豆腐

炒めものの後に、さっぱりした杏仁豆腐は最高。
チマチマせず、意外とボリュームもあります。

正直、秋川駅のメインストリートから外れ、やや分かりにくい場所ですが…
ボリュームのあるランチを安く食べるのには、もってこいです。
ご飯がお代わり自由も、魅力。
安かろう悪かろうではなく、中華の基本を押さえた美味しい料理です!

●お役立ち情報

アクセス

JR五日市線・秋川駅より、徒歩4分

営業時間

営業時間… 11:30〜14:30 17:00〜20:30
定休日… 水曜日

問い合わせ先

●もうつぁると
Webサイト… http://akiruno.town-info.com/units/36232/mozart/
住所… 東京都あきる野市秋川2-9-9
電話… 042-550-9191

近くのオススメスポット

特集 - Special –

【テイクアウト情報】
飲食店のテイクアウトを特集。主に青梅市内の飲食店を掲載しています。
(2020年5月現在の情報)
ワンコインで食べられるお店も多数掲載!
地図からも探せます!

【ほどいなか】
リモートワーク時代の、程よい田舎暮らしの方法