自然な美味しさが魅力のランチ、カフェ チャティーフォーで微睡む

青梅市・河辺、静かな住宅街の、カフェ チャーティーフォー。
車の往来も少ないこの辺りでは、貴重なカフェです。
ランチは、レギュラーのハヤシライスと日替わり。
素材の旨味を活かした「自然な美味しさ」が魅力です。

郊外のカフェに、絶品ハヤシライス

ギャラリーも兼ねた、小さな一軒家カフェ

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォー
青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォー

JR青梅線・河辺駅から、緩く多摩川へ下る道。
晴れた日は陽射しも爽やかな住宅街に、「カフェ チャーティーフォー」はあります。
店前には、黄色いビートルなどが停まっていると、何だか、ヨーロッパの小町にでも、迷い込んだみたい。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの看板

手書きなのでしょうか、可愛く微笑ましい看板。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの店内
カフェ チャーティーフォーの店内

ウッディな店内に、午後の斜光線が射し込み、寒い青梅でも温もりがあります。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの店内
型絵染展 (作家・高瀬景子氏)

小さな店内ですが、壁には絵が飾られています。
このお店はギャラリーでもあり、展示会も開催されます。

たまたま、ですが…
訪れた日から始まる、型絵染・展覧会の作者の方がいらっしゃり、お話を伺いました。
型絵染は、着物にも使われる技法、織物の街・青梅らしい展覧会です。
作者の方から技法などをレクチャー頂き、貴重な体験。
このような出会いがあるカフェ、魅力的ですね。

主なメニュー

  • ブレンドコーヒー… 400円
  • アイスコーヒー… 450円
  • カフェオレ… 450円
  • 紅茶… 450円
  • 手作りケーキ… 300円
  • コーヒーゼリー… 350円
  • ハヤシライス… 700円
  • 気まぐれランチ… 700円

価格は税込みです。
ランチをオーダーすると、プラス250円で、コーヒーまたは紅茶付きとなります。

素材の味が光る、ハヤシライス

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーのハヤシライス

ハヤシライスをオーダー。
サラダ、お惣菜2品、デザートまで付いて700円、お得感がありますね!

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーのハヤシライス

ハヤシライスは、トマトの味が効いたタイプ。
こってりデミグラス系というより、さっぱりトマト系です。
塩気が抑えられた、素材重視の味付け。
外食って、とかく塩分を摂りすぎますが、ここのランチは安心です。

塩気が少ないと、ひと口目は少々物足りないのですが…
食べ進むほどに、トマト本来の旨さが、口の中に広がります。
美味しいからこそ、塩で誤魔化さなくともよいのでしょう。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーのハヤシライスの牛肉

牛肉もゴロゴロ、よく煮込まれホロホロです。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーのハヤシライスのタマネギ

タマネギもたっぷり。
これがまた、いい味、出しています。

ご飯は雑穀米。
ハヤシやカレーって玄米や五穀米、合いますよね。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーのハヤシライスのサラダ

レタスとコーンのサラダ。
こちらも塩気が抑えられ、野菜本来の味を楽しめます。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの、ブロッコリーとダイコンの惣菜


お惣菜、その1。
ダイコンと「何か」の、きんぴら風なのですが…
「何か」は食べたことのある味ですが、分からない…
マスターにお伺いすると…

「ブロッコリーの茎ですよ」

ああ、そう言われればブロッコリー。
茎だけ食べても美味しい、これは発見です。
ダイコンは自家製とのこと、地産地消の一品ですね。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの、ニンジン ヤツガシラ イモガラ

惣菜、その2。
煮付けですが…
ニンジンこそ分かりますが、何だろう?
フキですか、と聞いたところ、

「ヤツガシラの茎ですよ。里芋みたいなモノですが。
芋がらといって、この辺りでは、結構よく食べます」

人生初の芋がら、美味しゅうございました。

デザートとコーヒー

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの、コーヒーとデザート

デザートは、ランチのセットに含まれますが、食後にコーヒーと一緒に供されました。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの、ミルク餅リンゴ添え

このリンゴの載ったデザートも何だろう?
ヨーグルトでもないし、杏仁豆腐でもないし、ババロアでもない…
また、しつこく訊ねてみます。

「ミルク飴ですよ」
とっても、ミルキーのようなキャンディーとは違い、フォークで食べます。
甘みも抑えめ、リンゴとよく合いサッパリしたお味。
これも人生初、かな。

青梅市・河辺のカフェ チャーティーフォーの、コーヒー

コーヒーも本格派。
リーズナブルに、ランチを楽しみました。
素材を活かした味付けで、毎日食べても飽きないランチ、行く価値ありますよ!

この付近では貴重なカフェ、チャーティーフォー。
展覧会を観たり、お客さん同士で交流してノンビリ寛いで貰えば嬉しい、と仰る女性マスター。

「回転率、良くないですよね」
と余計な質問をすると…

「回転率なんて、考えたことないです(笑)」
との、ざっくばらんなお答え。
そのご厚意に甘えて、ノンビリ良いひと時を過ごしたいカフェでした。

インフォメーション

アクセス

JR青梅線・河辺駅より、徒歩7分
駐車場… あり

営業時間

営業時間… 10:00~17:00
定休日… 日・月曜日、祝日

問い合わせ先

Cafe Chaty Four (カフェ チャティーフォー)
Webサイト… https://www.facebook.com/カフェ-チャーティーフォー-321559038338758/(Facebook)
住所… 東京都青梅市河辺4-9-1
電話… 0428-24-7466

近くのオススメスポット