うまい?やすい?はやい?吉野家の親子丼は、戦略的商品?

2022年4月にデビューした、吉野家の親子丼。
価格は、税込み437円とリーズナブル。
満を期して発売した親子丼は、果たして美味しいでしょうか?

牛丼よりお得?吉野家の親子丼

とろ〜り玉子が絶品の、吉野家の親子丼

吉野家・青梅新町店
吉野家・青梅新町店

あの吉野家が、親子丼を発売!
若かりし頃「牛丼一筋80年」だった吉野家。
もう、それから40年ほど経ち、牛丼一筋でもないし、創業120年以上ですが…やはり親子丼は、興味しんしんです。
お邪魔したのは、青梅新町店。青梅街道沿いのお店です。

吉野家・青梅新町店

親子丼・並盛398円、と税抜き価格は400円アンダー。宣伝写真は美味そうですが、実物は果たして大丈夫か、一抹の不安があります。

吉野家の、親子丼

オーダーすると…写真にウソ偽りはなし。もとい、実に美味そうではありませんか!

税込み437円の親子丼ですが、玉子タップリ。宣伝文句も相違ありませんね。

横から見ると、牛丼の丼と同じと思われ、グッと吉野家的。
紅生姜をそえると、これがまた、吉野家チックになりますね。
あの吉野家の親子丼、ファンならば、感無量?

吉野家の、親子丼の長ネギ

特徴的なのは、大きく盛られた刻みネギ。これは、珍しいかも!
でも、しっかりとタマネギも入っています。さすが吉野家、タマネギを疎かにしていません。

吉野家の、親子丼のタマネギ

長ネギか、それともタマネギか。
これぞ「親子丼・ネギ問題」の最終定理ですね。
「フェルマーの最終定理」に匹敵する、世紀の大問題も解決しました。

吉野家の、親子丼の卵

魅惑の、とろ〜り玉子。玉子のボリュームも、お値段以上ですね。

吉野家の、親子丼の鶏肉

鶏肉も、抜かりはありません。
汁は、意外の塩気が控えめで、玉子を引き立てる黒後的な味わい。
親子丼でも「汁だく」とか可能なのですかね?

吉野家の、親子丼の鶏肉

玉子をまとった鶏肉。禁断の旨さですね!

吉野家の、親子丼と紅生姜

吉野家といえば、紅生姜。牛丼に紅生姜は、考えた人、天才ですが、親子丼にもバッチリ合います。

吉野家の、親子丼と七味唐辛子

七味唐辛子も合います。吉野家の七味って、あまり辛くなく、たくさんかけると香ばしい。
香ばしい七味って、珍しいですよね。
この七味、吉野家の直販Webサイトで販売中ですが、お店でも売れば良いのにな…

吉野家の、とん汁

親子丼には、「とん汁」が一番合うのでは?
税込み206円、親子丼と組み合わせると、643円です。
吉野家で600円オーバーだと、ちょっと高い気がするけれど…
これだけのクオリティー、ホントは安いのに、気の毒です。

吉野家の、とん汁

豚肉、人参、ダイコン、コンニャク、ゴボウ、レンコン…具だくさんですね。
吉野家的なのは、これらに加え、タマネギが入っていること。よく煮込まれ、柔らかいので気が付きにくいけれど、旨味を引き立てています。

牛丼より、カロリーがある?

熱量
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当量
(g)
牛丼 並69318.422.899.93.4
親子丼 並71131.916.2103.63.8
吉野家Webサイトより引用

吉野家WebサイトのPDFによれば、711kcal。そこそこカロリーはあります。
実は、牛丼より、ほんの少しカロリーが高い。まあ、誤差の範囲ですが、ちょっと意外です。
でも、さすがは、玉子と鶏肉。脂質は少なく、たんぱく質は豊富です。
脂質を気にする方には、良いのかと。

牛丼といえば、カウンターで黙々と食べる、どことなく殺伐としたイメージ。
親子丼だと、それがない。洗練された健康的な、上品な印象すら漂います。

牛丼の肉々しいイメージからの、脱却。
男性客の多い吉野家は、脂質の少ない健康志向の親子丼で女性客を増やしたい… 人口の半分は女性、親子丼をフック(キッカケ)とした、切実なマーケティング戦略なのでしょうね。

親子丼の開発・構想10年のナゾ

なるほど、満を期して発売しただけあり、美味しい親子丼でした。
このクオリティーを437円で食べられるのは、驚異ですね。

報道によれば、開発に10年かかったとのこと。
それ相応の開発期間は、必要でしょうが… さすがに、親子丼に10年もかかりますかね?

ここからは、憶測ですが。
チェーン店は、熟練したスタッフでなくとも、作れないと商品として成り立ちません。
牛丼の場合、極論すれば、ご飯にレシピどおり作った牛肉を盛るだけ。
いえ、色々ノウハウはあるでしょうが…現に、お店によって美味しい店、そうでもない店もあり、そんな、簡単な話ではないでしょう。
でも、比較的、研修期間が短く、誰でも造りやすい商品ですよね。

対して、親子丼は、難しい。造れば分かりますが、玉子のトロけ具合など、タイミングや熱の加減の難しい料理です。
今回、吉野家の親子丼を食べて思ったのは…
それこそ、そこら辺の食堂より、良い仕上がりだったことです。

発売して間もなくでこの完成度は、レシピの開発・マニュアルや研修などが綿密で、スムーズなのかなと。
そのノウハウや、オペレーションの構築に「10年かかった」のだと推測します。
食材も進歩し、冷凍の液卵などを使い、安定した品質で仕上るようなレシピなのでしょうか?
それとも、調理器具の開発をしたのでしょうか?
部外者には分かりかねますが、いずれにせよ、美味しいのは事実です。

今までは熟練の調理人だったのを、テクノロジーで解決しているとすれば。
色々な意味で、この親子丼は、かなり戦略的な商品でしょう。

「うまい やすい はやい」が吉野家のコンセプトですが…
メニューが増え「はやい」は微妙ですが、美味くて安い親子丼、ぜひ一度!

インフォメーション

アクセス・営業案内

●吉野家 青梅新町店
Webサイト… https://www.yoshinoya.com
営業時間… 7:00〜25:00
定休日… 年中無休
住所… 東京都青梅市新町5-3-14
電話… 0428-30-7277

近くのオススメスポット