中はトロトロ、古き佳き青梅の味わい、カフェ・ド・クラージュのオムライス

青梅駅から、歩いて2分ほど。
裏路地を往くと、クラシカルなカフェがあります。
薄っぺらい「レトロ」ではない、古き佳き佇まい。
料理も評判のカフェ・ド・クラージュで、絶品オムライスを頂きました。

●青梅駅すぐの名物カフェの、オリジナルオムライス

市外のお客さんも多い、手作り料理が評判のカフェ

青梅のカフェ・ド・クラージュ
青梅のカフェ・ド・クラージュ

青梅駅から徒歩2分、静かな佇まいの、カフェ・ド・クラージュ。
オープンから25年、老舗の貫禄も感じられる、落ち着いたカフェです。

青梅のカフェ・ド・クラージュの看板

「遠くから、何度もいらっしゃる方も多いですよ」
青梅の市街地とはいえ、裏路地のお店。
地元ではなく、遠方から惹きつける魅力は…

青梅のカフェ・ド・クラージュの店内

料理は出来たての手作り、洋食屋さん顔負けの味。
コーヒーも、一杯ずつ丁寧に淹れるドリップです。

青梅のカフェ・ド・クラージュの店内
青梅のカフェ・ド・クラージュの店内

店内は、古き佳き喫茶店の趣き。
青梅の街歩きに、ちょっぴり疲れたら、癒やされたい空間です。

オムライスの日替わりランチ

青梅のカフェ・ド・クラージュのオムライスセット

オススメは、お得な日替わりランチ。
訪れた日は、オムライスでした。
ちなみにナポリタンも絶品と評判、さては、カフェの仮面をかぶった洋食屋さん?

青梅のカフェ・ド・クラージュのオムライスセット

サラダ・ドリンク付きで、税込み1,200円。

青梅のカフェ・ド・クラージュのオムライス
外はこんがり

オムライスは、香ばしい焼き目のある表面は、一見クラシカルなタイプですが…

青梅のカフェ・ド・クラージュのオムライス
中はトロトロ

卵の厚みがあり、中はトロトロ。
今、流行りのフワトロ系とも、昔の洋食屋さん系のとも、違います。
他ではあまり見かけないオンリーワンの、卵たっぷりのオムライス。
強いて説明すると、ホテルの朝食のオムレツの中に、トマトライスが入っている感じ。
ライスに対して、卵のボリュームがあるのですね。
それゆえ、卵の美味しさが、ダイレクトに味わえます!

青梅のカフェ・ド・クラージュのオムライスのエビ

ライスは、いわゆるチキンライスでは、ありません。
トマト風味のライスには、チキンではなく、エビ。
中華料理のエビチリもそうですが、卵とエビは相性抜群、理にかなっていますね。
トマトライスにトロけた卵を絡めて食べると、我が時世悔い無し、という気分。

青梅のカフェ・ド・クラージュのフルーツサラダ

サラダは、野菜サラダとフルーツサラダのどちらかを選べます。
今回は、フルーツサラダをチョイス。

青梅のカフェ・ド・クラージュのフルーツサラダ

イチゴ、キウイ、プルーン、パイナップル、バナナ…
新鮮な果物に、酸味を抑えたヨーグルトが、よく合います。
特にイチゴは、大粒のが2個も。
出血大サービスですね、これは。
サラダとはいうものの、デザート的に、食後に頂くのも良いでしょう。

ドリンクは、コーヒーか紅茶から選びます。
ドリップしたての、香り高きコーヒー。
クリームもピッチャーに入った、本格的なものです。

評判通り、料理も美味しいカフェでした。
お店の方と、世話話をしましたが、郷土愛あふれるお方。
お店を始めて、約25年ですが…

古き青梅の面影

「昔、青梅は、もっとお店が多くてね、でもみんな、閉めちゃって」
ちょっと寂しそうに、語ります。

街も人も一期一会、だからこそ、遠くからの訪ねる常連さんを、裏切らない料理を出したい。
そんな思いの詰まったオムライス、是非どうぞ。

●お役立ち情報

アクセス

JR青梅線・青梅駅より、徒歩2分

営業時間

営業時間:11:00〜17:00(冬季は16:00まで)
定休日:月曜日・第3火曜日

問い合わせ先

●カフェ・ド・クラージュ
住所… 東京都青梅市仲町253 スカイビュー青梅 1F
電話… 0428-21-5862

近くのオススメスポット