名門洋食店のDNAを受け継ぐ、あきる野「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」。
日本の洋食の草分けともいえる、銀座煉瓦亭の流れを汲む、洋食店です。
名門とはいえ、リーズナブルな価格の庶民派。
気軽に楽しめる名店は、果たしてどんなお味でしょうか?

名門洋食店の、技ありオムライス

あきる野市・二宮の洋食店「深川 煉瓦亭 支店」
深川 煉瓦亭 支店

あきる野市・五日市街道沿いの洋食店「深川 煉瓦亭 支店」。
名前から察せられるように、日本の洋食の草分け・煉瓦亭の流れを汲む洋食店です。

銀座の洋食店「銀座 煉瓦亭」は、1895年(明治28年)創業の老舗。
諸説ありますが、カキフライを考案したといわれています。
また、カツレツに千切りキャベツを添え、ウスターソースで食べる、いわゆるトンカツも煉瓦亭が発祥です。

その、「銀座 煉瓦亭」から暖簾分けしたのが、「深川 煉瓦亭 本店」。
暖簾分け、と言っても1928年(昭和3年)というから、充分老舗です。
銀座から下町への暖簾分け、メニューもやや庶民的となり、ラーメンなど中華も始めました。
今回ご紹介する、あきる野の煉瓦亭は、1964年(昭和39年)に深川から暖簾分け。
つまり、「銀座 煉瓦亭」の暖簾分けの暖簾分け、お孫さんにあたります。

お店は、至って質素。
気取らずに入れる雰囲気です。
とはいえ、外装はレンガ風なのは、名門の暖簾分けの、矜持でしょうか。

主なメニュー

  • メンチカツライス… 770円
  • とんかつライス… 880円
  • ハンバーグライス… 770円
  • ポークソテーライス …900円
  • オムレツ… 600円
  • オムライス… 830円
  • ハヤシライス… 770円
  • カツカレー… 880円
  • カツサンド… 770円
  • ミックスサンド… 770円

価格は税込みです。
季節メニューで、カキフライもあります。
グラタンやナポリタンは、ない模様。
深川の暖簾分けだけあって、中華系や丼ものも充実しています。

  • ラーメン… 550円
  • タンメン… 700円
  • 餃子… 550円
  • チャーハン… 770円
  • カツ丼… 770円
  • 親子丼… 830円

暖簾分けはフランチャイズではないので、メニューや価格は結構違います。
地域の特性というか、客層の違いなのか、あきる野が一番庶民的な値段です。

昭和的、高バランスなオムライス

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス
「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス

オムライスをオーダー。
銀座の煉瓦亭の「元祖オムライス」は、溶き卵にご飯を混ぜ込んだ、オムライス。
深川は、卵で包んだ普通のオムライスで、ひと口に「煉瓦亭」といっても違いがあります。
さあ、あきる野は、どちらが出るのか、ワクワクします。
というのはウソで、今はネットで予習するから答えが解り、ある意味つまらない(笑)

あきる野は、深川の暖簾分けで、オーソドックスなオムライスです。
昨今の主流の「ふわとろ」ではなく、昔ながらのヤツ。
それにしても、美しいですね。
ボディーはふっくらとした曲線を描き、両端はキュッと絞り込まれた、無駄のない造形美です。

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」のオムライスの、中華スープ

面白いことに、中華スープが付いてきます。
実は、深川も中華スープ付き。
洋食店だけれども、町中華のノリです。

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス

美しく包まれたオムライスには、ケチャップが。
まさしく、昭和のオムライスです。

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス

美しく包まれたオムライスに、躊躇しつつ、スプーンを入れます。
この背徳感が、オムライスの醍醐味です(笑)
この儀式、ふわとろ系より、端正な趣きの昭和系のほうが、よりインモラルな気分。

あきる野市・二宮の「深川 煉瓦亭 支店」のオムライス

チキン、グリーンピース、タマネギ。
チキンもしっかり、ゴロゴロ入っています。
ムラなく炒められたチキンライスは、どこか懐かしい味です。

チキンライスを包む卵。
目測330度くらい、真下以外ほぼ全周、包んでいます。
ふわとろは、比較的簡単だけれども、ぐるっと巻くオムライスは、熟練の技ですよね。
特にこちらのは、かなりボリュームがあるので、難易度が高い筈。
焦げ目もなく、よほど手際が良いのでしょう。
フィギアスケートなら、テクニカルエレメンツスコア(技術点)満点、かな。

お味は、安心して食べられる、まさに、昔懐かしきオムライスそのもの。
尖ったところはないけれど、バランスの良い、優しい美味しさです。
トータルセグメントスコア(総合点)も、かなり高得点ですね!

ところで、このオムライスは、「洋食」代表なのか、「中華」代表で出場すべきなのか?
スープは中華だけれども、本体のオムは洋食系。
ちょっと、そのあたりで揉めそうですね。
まあ、考えてみれば、オムライスそのものが、カオスな料理です。
タマネギ入りのトマト味・チャーハンを、オムレツで包んでいる。
美味しければ、手段は問わない、良い意味で無節操な、日本の食べ物なのですかね?

インフォメーション

アクセス・営業案内

JR五日市線・東秋留駅より、徒歩8分
駐車場… 有り
営業時間… 11:00~14:30 17:00~20:00
定休日… 水曜日

深川 煉瓦亭 支店
Webサイト… https://rengatei1964.wixsite.com/homepage
住所… 東京都あきる野市二宮2242
電話… 042-558-4500

近くのオススメスポット

旨くて安い!東秋留・シャロのハンバーガー食べ比べ

こんなに安くて良いの?東秋留のキトコムギの、手作りランチプレートが美味い!

あきる野・菅生の「よしの」研ぎ澄まされた、絶品・十割蕎麦の天ざる

福生・多摩川堤防から塩田耕地堤へ、桜を巡るトレッキング

ロケーション、味、サービスすべて良し、奇跡のパン屋、あきる野のラ・フーガス

あきる野・秋留台公園|無料のバラ園で、春バラを愛でる

肩ひじ張らずに楽しめるも、佳き洋食屋の品格、あきる野・MISONO

ちょっとアメリカンな、老舗イタリアン、あきる野のトリノ

天然酵母パンの、秋川・スリール。サンドイッチも格別!

ラーメン屋なのに、五ノ神精肉店。ドロっと旨い、濃厚豚骨!

【ニュース】あきる野・切欠(都立滝山自然公園)カタクリ開花

ラーメン屋なのに、五ノ神精肉店。ドロっと旨い、濃厚豚骨!