青梅、御岳、奥多摩方面って、どう行くの?アプローチ・完全解説(鉄道編)

コロナ渦(2020年8月)で、近場の観光が再評価される、今日この頃。
お盆時期に入り、西多摩地域の観光地は、賑わいを見せています。
鉄道でも車でも手軽に行ける観光地。
なるべく、混雑を避けて楽しむには、どのように行けばよいでしょうか?
ここでは、主に東京都心からのアプローチについて解説します。

鉄道でのアプローチは?

列車で青梅・御岳・奥多摩方面へ行く場合

鉄道で出かける場合、青梅・御岳・奥多摩方面は、JR青梅線、秋川渓谷や檜原方面は、五日市線です。
でも、地元の人ならともかく、青梅線や五日市線って、あまり馴染みがありませんよね。

新宿から、青梅・御岳・奥多摩方面は、JR中央線で立川駅で青梅線に乗り換えます。
ほとんどの列車は、青梅行き。
青梅から先、御岳・奥多摩方面は、青梅で乗り替えることになります。

なんか乗り換えが多いな、と思う方へ。
中央線快速列車は、日中1時間に2〜4本程度、青梅線直通列車があります。
事前にスマホなどで調べれば、スムーズです。
これならば、東京・新宿駅から、青梅まで乗り換えなしです!
所要時間は、新宿〜青梅間で約1時間程度、奥多摩は、青梅から30分強です。

休日の中央線快速は、時間帯で混み具合がかなり違います。
新宿から乗車する場合は、座れないことも多いですが、国分寺・立川からはかなり空きます

土日曜日・休日の朝には3本、奥多摩駅直通の「ホリデー快速・おくたま・あきがわ号」が運行されます。
「ホリデー快速」は新宿始発。
2020年8月現在、新宿発6時46分、7時44分、8時22分発です。
この列車、奥多摩方面へのハイキング客で、結構混みます。
新宿で座れないと、途中では座れないことが殆どです。
御嶽を過ぎれば、空きますが…
普通の中央線快速と違い、乗客の殆どが青梅以西へ向かう人、なのですね。
だから、新宿駅で早めに並んで乗るのが良いでしょう。

ホリデー快速の罠

気を付けねばならないのは、「ホリデー快速」は、前4両が「武蔵五日市」行きとなること。
青梅・御岳・奥多摩方面は、後ろ6両
知らずに乗ると、秋川方面へ行ってしまいます。

偉そうなことを書いていますが、筆者も新宿駅でギリギリで飛び乗って、乗ってから気が付いたことがあります(笑)
ちなみに、「武蔵五日市」行きは7〜10号車、「奥多摩」行きは1〜6号
乗ったら念のため、乗車号数を確認しましょう!
万一、間違って乗ってしまったら、切り離しをする拝島駅で、乗り換えましょう。
他の駅より、停車時間が長く、安全に乗り換えが出来ます。

奥多摩方面は、本数が少ない

青梅から先は、列車本数がかなり減ります
1時間に1〜2本程度。
予め、調べて行くべし、です。

青梅駅前のモスバーガー

もし、青梅駅で30分以上待つならば、途中下車するのも良いかも。
降りてすぐ左に、モスバーガーがあります。
朝、7時から開いているのが、心強い!
特に冬は、クラムチャウダーとか、嬉しいです。
また、駅右手に、朝7時よりオープンのオリジン弁当、24時間営業のセブン-イレブンもあります。
御岳・奥多摩方面には、コンビニが少ないので、ここで買い出しをすると便利ですよ。

秋川渓谷、檜原方面へ行く場合

秋川方面は、グッと不便になります。
乗り換え時間を含めなければ、新宿〜武蔵五日市は、1時間強。
都心からの直通運転は、夕方の2便のみと、休日朝の「ホリデー快速あきがわ号」のみ。
基本、JR青梅線・拝島駅で、五日市線への乗り換えとなります。

奥多摩方面同様、「ホリデー快速」に乗る際は、乗車号数に注意
「武蔵五日市」行きは、前7〜10号車です。
新宿の発車時間は、「おくたま」号同様、6時46分7時44分、8時22分発(2020年8月現在)。

JR五日市線は、日中・1時間に2本程度。
近年、減便して不便となりました。
やはり、時間を調べて出掛けた方が良いですね。

西武拝島線、という手もある

ここまでは、JR中央線を使ってのアプローチですが…
西武拝島線を使うのも、意外と便利です。

西武拝島線は、西武新宿線と直通運転をしています。
急行か準急がオススメ。
西武新宿・高田馬場駅から、拝島直通の急行は1時間2本程度の頻度で、運行しています。
タイミングが合わない時は、川越行きの急行に乗り、小平で拝島線に乗り換えします。
隣のホームでの乗り換えなので、苦になりません。

それと、西武線は運賃がお得です。
高田馬場→御嶽駅は、JRのみの場合は935円(Suica利用時)。
西武拝島線を利用し乗り継げば、805円。
往復だと、260円節約できます。

東西線沿線の方など、高田馬場駅での乗り換えが便利な方は、是非ご検討を。
特に、五日市線は、JRでも拝島駅で乗り換えるから、手間もさほど変わりません。

拝島駅は、駅ナカで朝食が可能

拝島駅は、JR改札内に、吉野家、ミスタードーナッツ、立ち食い蕎麦屋さんがあり、朝7時から営業。
改札外には、イートインスのあるリトルマーメイド(パン)が朝7時から、営業します。
その他、改札内のコンビニは、朝5時45分から営業。
乗り換え時間で、ササッと朝食や買い物ができます。

お得なキップは、お得か?

ふたつの、1日乗り放題キップ

JR東日本では、東京近郊の路線が1日乗り放題となるキップを、2種類発売しています。

図表の出典:JR東日本
休日おでかけパス
大人 2,720円 小児 1,360円
図表の出典:JR東日本
のんびりホリデーSuicaパス
大人 2,670円 小児 1,330円

非常に似た、割り引きキップですが…
どちらも東京近郊のJR・りんかい線・羽田モノレールに1日乗り放題となるキップです。
どちらも、フリーエリア内 JR 東日本の駅のみどりの窓口、自動券売機で購入できます。

「のんびりホリデーSuicaパス」は、新幹線と久留里線に乗れない代わりに、大人50円、子供30円安い設定です。
「のんびりホリデーSuicaパス」は、お手持ちのSuicaに書き込んで利用します。
定期券として利用中のSuicaや、クレカ一体型のSuicaの一部、モバイルSuicaでは、利用できません。

どちらのキップも「お得感」はあるのですが…
例えば、東京〜奥多摩駅間の場合、普通の運賃は往復2,530円(Suicaを利用した場合)。
微妙に元が取れません。
出発地が遠いとか、途中下車するのではなければ、お得にならないことが多いのです。
しっかり、計算して判断しましょう。