JRに乗るだけで、お得!オフピークポイントサービスと、リピートポイントサービス

コロナ渦で、仕事のスタイルも変わり始めた今日このごろ。
でも、リモートワークだけで完結せず、通勤せざるを得ないのも事実です。
ならば、オフピーク通勤がオススメ。
JR東日本では、時差出勤で列車に乗るとポイント還元するサービスを開始。
また、リピート乗車でのポイントサービスも始まりました。

やならきゃ損? オフピークポイントサービス

オフピークポイントサービスとは

2021年3月15日より、JR東日本が開始する、オフピークポイントサービス。
通勤ピーク時を避けて、列車を利用すると、自動的にポイントが付くサービスです。
大まかにいうと…

  1. 平日・朝の通勤時間に、時差出勤でポイント還元
  2. Suica通勤定期券で、改札機を利用する
  3. 予め、エントリーが必要
  4. 出発駅によって、時間帯が違う
  5. 早起き時間帯に乗車すると15ポイント、遅めの時間帯だと20ポイント還元
  6. 期間は2021年3月15日〜2022年3月31日

ポイント還元は、下記の路線図の駅から乗下車する場合です。

JR東日本WEBサイトより引用

西多摩地区では、

  • 青梅線・立川〜青梅駅
  • 五日市線各駅
  • 八高線・拝島〜高麗川駅

でも、利用出来ますね。
乗車時間は、次の通りです。

JR東日本WEBサイトより引用
JR東日本WEBサイトより引用
JR東日本WEBサイトより引用

乗車駅によって、多少前後しますが…
例えば青梅駅発の場合、早起き時間帯は、青梅駅6時29分発・新宿駅着7時48分着、東京駅着で8時02分着までの列車が対象ですね。

ゆっくり時間帯は、青梅線では最速で、新宿駅着9時23分着、東京駅9時37分着。
五日市線も同じ時刻に到着。
9時30分出社の職場だと、ちょいと厳しいですね。

申し込み方法は?

まず、Suica通勤定期券が必要です。
その上で、JRE POINTのWebサイトで申し込みします。
また、モバイルSuicaでも登録できます。

登録をすると、改札機を通るたびに、ポイントが自動的に貯まります。
ポイントは、2ヶ月ごとに利用に応じて還元。
1ポイント=1円で、Suicaにチャージできます。
商品と交換したりもできますが、汎用性があるのは、コンビニやスーパーなどでも幅広く使える、Suicaにチャージでしょうね。

年間4,800円? 塵も積もれば、ポイントが貯まる

JR東日本WEBサイトより引用

ポイントは、早起き時間帯で15ポイント、ゆったり時間帯で20ポイント還元。
ということはですよ、ゆったり時間帯ならば、ひと月20日出勤で、年間4,800円分。
最初の登録は、ちょっと面倒ですがノーリスク、やらなきゃ損です。

モバイルSuica定期券ならば、もっとお得

登録したモバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入すると、購入額に応じてポイントが貯まります。
50円につき1ポイント、約2%の還元です。
また、クレジットカードでの決済なら、ポイント2重取りです。

定期代って結構良い金額だから、ポイントも多いです。
例えば、青梅〜東京駅間の6ヶ月定期券は、134,360円。
2,687円相当も、ポイントが付きます!
また、他社線利用分が含まれる場合も、購入金額全体がポイント計算対象となります。

注意点は?

と、年間、数千円ゲットできるサービスですが…
注意点もあります。

  1. 定期券の種類
    FREX定期券、通学定期券、グリーン定期券、モノレールSuica、りんかいSuicaの連絡定期券は、対象外です。
    特に、元々お得な通学定期券は対象外、学生さんは残念ながら利用できません。
  2. 私鉄との直通運転に、気を付けて!
    直通運転などで、私鉄の駅で改札を出るような場合は、サービスの対象外。
    たとえば、三鷹で中央線から東西線直通列車に乗り換え、そのまま、東京メトロ日本橋駅で降りるとか、です。
  3. 私鉄との乗り換え改札口も、注意!
    これ、イマイチ意味不明ですよね…
    例えば、新宿駅でJRから、小田急や京王線に乗り換える時。
    私鉄に直接乗り換えできる改札口を、通る場合があります。
    JR東日本の施設で、完結するサービスだからでしょうか、私鉄設置の改札口から乗り換えると、ポイントは付きません。
  4. 有人改札や、エリア外は対象外
    有人改札や、上記の地図のエリア外では対象外です。
    青梅線の場合、例えば河辺駅〜御嶽駅の通勤などでは、ポイントは付きません。
  5. 入場時間でカウントされる
    自動改札を通った時の時刻で、ポイントが還元されます。
    「ゆったり時間帯」が、8時からだとしても、駅構内での移動時間があるので、8時ピッタリの列車には乗れません。

回数券より便利? リピートポイントサービス

リピートポイントサービスとは?

通勤定期券は持っていない、という方は、リピートポイントサービスがあります。
というよりも、こちらのサービスのほうが、地味ながら使いやすい予感です。

  1. 同一運賃区間を、Suica/モバイルSuicaで、月に10回利用すると、運賃1回分相当のポイント還元
  2. 月11回以上からは、1回ごとに運賃の10%相当のポイント還元
  3. JR東日本在来線のSuicaエリアで、有効
  4. 2021年3月1日より、サービス開始

「同一運賃区間」って何よ?、と言いたくなりますが。
例えば、立川〜拝島駅間はSuicaなら168円。
同じく、拝島〜河辺駅間も168円。
このように、「同じ料金の区間」に、月10回以上乗ると、ポイントが還元されるのです。

これって、回数券代わりにも使えますよね。
というよりも、回数券と違って、同一運賃区間ならどこでも良く、使いやすいです。
また、11回以降も1割分還元されるのも、お得感ありますね。

リモートワークなどでも、週に数回出勤する方も多いでしょう。
月6回以上、職場へ往復する人ならば、ポイント還元され、お得ですよ。

また、青梅線の青梅以西などでも、サービスの対象となります。
時間の縛りもなく、利用範囲が広いのが良いです。

申し込み方法は?

こちらのサービスも、予め、JRE POINTのWebサイトで申し込みします。
サイトの案内に沿って、利用中のSuicaや、モバイルSuicaを登録して、利用します。

モバイルSuicaだと、もっとお得

JRE POINTサービスで、SuicaやモバイルSuicaを登録すると…
リピートポイントサービスとは別に、普通に乗るだけで、ポイントが貯まるサービスがあります。

  1. JR東日本のSuicaエリアで、在来線に乗車するとポイント還元される
  2. モバイルSuicaの場合、50円ごとに1ポイント
  3. カードタイプのSuicaの場合、200円ごとに1ポイント

モバイルSuicaならば、約2%相当ですよ。
例えば、青梅〜東京駅の運賃は935円、18ポイント貯まります。
月に5回往復すると、運賃は9,350円ですが…
リピートポイントサービスを含めると、1,135円相当のポイントが貯まります。
還元率は12%強!
列車をよく利用する人ならば、モバイルSuicaで登録すると良いですね。

注意点は?

  • 定期券区間は対象外
    Suica定期券、モバイルSuica定期券で、定期券区間のみを利用の場合は、ポイントが付きません。
  • 月ごとの利用回数でカウントされる
    月が変わると、リセットされます。
    その月の始めから終わりまでの間に、(例えば3月1日〜31日など)、月10回以上の利用で、ポイント還元となります。
  • モノレールSuica・りんかいSuicaは対象外

とりあえず、登録しておこう

なんだか、JRの広告みたいな記事に、なりましたが(笑)
JR東日本を利用するならば、とりあえず、ポイントサービスに登録すると良いでしょう。
乗るだけで、得するサービスが目白押しです。
モバイルSuicaなら、更にお得です。
とりあえず、列車に乗れば、2%程度ポイントが貯まるのですから。

おそらく、モバイルSuicaで電子マネーを覇権するための、戦略でしょうね。
JR東日本も、本業だけでは中々大変ですね。

問い合わせ先

●JR東日本 新ポイントサービス
https://www.jreast.co.jp/offpeak_repeat/?offpeak

●JRE ポイントサービス
https://www.jrepoint.jp/