青梅マラソンで、B級グルメ!「青梅豚」のライスメンチ

青梅マラソンの、もうひとつの楽しみ

歴史あるマラソン大会

あいにくの雨天でしたが、今年も青梅マラソンが開催されました。
歴史ある大会として、世界を代表する超一流ランナーから、市民ランナーまで参加する青梅市・奥多摩町の一大イベントです。
今年も、東京オリンピック代表の、前田穂南選手が日本新記録で優勝するなど、盛り上がりました。
野口みずさんの記録を上回り、オリンピック金メダルにはずみがついたですよね。

マラソン応援も楽しいけれど、それだけではない

地元民としては、日本全国から、わざわざいらっしゃるランナーを沿道で応援するのはもちろんですが。
でも、もうひとつ、「お楽しみ」があるんですよね。

市役所がイベント会場に

10kmコースのゴールでもある、青梅市役所。
青梅マラソン当日は、駐車場がイベント会場に様変わり。
地元のお店を中心に出店する「グルメフェスティバル」も開催されます。

ライスメンチ、なるもの

地元のキッチンカーも登場


そのトンきちさんで、「ライスメンチ」なるものを発見。
最初は、ゲテモノかなと(笑)
肉の代わりにご飯を入れれば、原価が安くなるじゃないですか。
でも…

青梅豚って?

POPに「おうめ豚使用店」と文字が踊っている!
実は、青梅って、畜産でも有名なのですよね。
かのブランド豚「TOKYO X」を飼育している養豚所が、4ヶ所もあります。
そもそも、「TOKYO X」を開発したのは、青梅畜産センターですし。
青梅豚なら、食べなければ損ですよね(笑)

ライスメンチを食べてみる

野球ボールくらいの大きさの、まん丸いメンチカツです。
丸いから、ボリュームはあります。
カリッと揚がった衣に、ソースがとろ〜り。
1個、400円でした。

美しく、上品な豚肉

中には、白くてきれいな豚肉がタップリではないですか。
もちろん、美味しかったですよ。
あっさりしているけれど、ジューシーな豚肉。
上品で、爽やかな旨味でした。

中を割ってみると…
真ん中に、チーズとライスが、入っています。
青梅豚との相性も、予想以上に良いです。

普通のメンチも、売ればよいのに

これだけ、良い豚肉ならば、普通のメンチカツでも、絶対美味しいはず。
実はメンチカツサンドもあり、こちらも頂いたのですが、美味しかったです。
でも、ただのメンチカツで食べてみたい。
おそらくソースをかけないで食べても、美味しいでしょう。

連絡先

トンきち屋
住所… 東京都青梅市今寺5-9-2
電話番号… 0428-34-9299
Webサイト… http://tonkichiya.com/

※基本的にキッチンカーでの販売のため、イベント等での出店だとのことです。